カモフラージュ 化粧 心理

女性のカモフラージュ度合いは、化粧をする、しないで分かってしまいます。

スポンサーリンク

女性の化粧には、実は美しく綺麗に見せたい、見られたいとの心理以外にもう一つの働きがあります。
それば、女性が化粧をすると精神的に戦闘モードに入る心理が働きます。
その効果は、普段化粧をしなし状態がの生活パターンから、化粧をすることで気持ちの切り替え、仕事モード、デートモードの用意、極端な言い方をすると、「勝負に出かける」いざ出陣との心理の切り替えの力があります。
例えば、モデルさんが写真撮影の前のくつろいでいるオフタイムの時はリラックスしていますが、仕事で撮影時には化粧をしてその時の雰囲気にはいりこんでコンセプトにある表情を出します。
このモデルさんの場合の、切り替えスイッチが化粧をすることで、本来の自分と違う人を演じていろいろな表情をかもし出します。
他には、女優さん、舞台の役者さんなどが代表的な例ではないでしょうか。
化粧は、本来の自分とは異なるように見せる、いわば服装と同じで、その人の素の状態を化粧している。変化させている、カモフラージュしていると同じようなことです。

スポンサーリンク

その化粧のなかで、化粧が厚い時は心理的にそれなり自分を隠している、自分以外の人を作っている、見え方を非常に気にしていると同じです。
ぞの特徴としては、自信がないタイプが多く、自分の理想通りに、自分を表現したい、見せたいとの気持ちが非常に強く、性格的には積極的な性格の人が多いです。
それだけ自分以外の人を演じようとする気持ちが強いのですが、反面、流行や環境に振る舞わされる傾向があります。
本来の自分と異なる思考が強い為に、他で気になる演じ方を見つけた場合にすぐに化粧を変える、演じ方を変える傾向があります。
それにたして、化粧が薄い人、もしくは全く化粧をしない人は、自分の素顔、素肌に相当自信がある、内外でも比較的変化のない安定的な人の性格になります。
特に化粧をしない人は、自分自身へのこだわりが強いタイプの人で、外交的なことを苦手としている人で、人付き合いは少々にがてとしている人になります。
このように、化粧一つでも人を変える、カモフラージュの度合いが変わリます。

スポンサーリンク