無意識 体が揺れる 性格

無意識に体が揺れる癖と性格

スポンサーリンク

自分で自覚している癖があるという人はどれくらいいるでしょうか。
何か癖があるという人たちの多くはたいてい無意識にそうした行動をとってしまうことが多いようです。
ですから、もしかしたらあなたも日頃の生活の中で無意識にしていることが、周りの人に不快感を与えたり、迷惑をかけてしまったりしているかもしれません。
もし、あなたが率直なアドバイスをくれる、正直な性格の友人に恵まれたならば、自分では気づかなかった癖があることが分かるかもしれません。
そうしたら、すなおに友人に感謝し、まずは自分の無意識に行っていた行動を意識できるように心掛けてみましょう。
無意識の状態では悪い癖も直すことはできません。
どんな時に自分がそうした行動をとっているのか分析してみるのも良いでしょう。
自分の性格や身の周りの環境などを良く理解しておくことも重要です。
では、今回は周りの人に迷惑がかかる行動の代表格である、貧乏揺すりについて考えてみましょう。
貧乏揺すりをする人の多くは無意識下、習慣的に体が揺れることが多いようです。
では、どんな性格の人が無意識に体が揺れる癖を持っているのでしょう。

スポンサーリンク

無意識に体が揺れる行動の原因には、いくつか候補が考えられます。
まず一つ目はストレスが溜まっていることです。
だからでしょうか、無意識に体が揺れる癖を持つ人は、意外にもきちんとした性格の人も多いようです。
むしろ、完璧主義な性格だからこそ、ストレスが溜まってしまうということかもしれませんね。
また、せっかちな性格や、飽きっぽい性格の人も無意識に体が揺れる癖を持つ場合が多いようです。
だから待ち時間などに貧乏揺すりをする人が多いのでしょうか。
体が揺れる二つ目の原因としては、体、特に足の血流が滞っていることが原因として挙げられます。
体が血液を流そうとして自然と筋肉が動き、体が揺れるのです。
ですから、長時間デスクワークなどで座り続ける人などは要注意です。
貧乏揺すりは血液の循環が良くなることもあって、している本人は集中力が上がったりします。
しかし、大勢の人がいる空間で勉強している時のなどに体が揺れるというのは、周りにとっては迷惑でしかありません。
特に神経質な性格の人なら、それだけで集中が乱されてしまいがちです。
自分のパフォーマンスだけでなく、周りへの気遣いを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ。8パターン。
隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです
部屋が汚いのに片付けできない性格の理由とは
メールやlineの返事遅いのは性格か
運転中に歌を歌う人の心理
鼻歌が多い人の心理とは
人と話す時の手の握り方の癖と心理状態について
食べ物の匂いを嗅ぐ癖、その行為の心理
ドカ食いを癖にしている人の心理
人前でおならをする癖のある人とその心理
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖は、精神的開放を求めた心理です
飲み物を飲む時に小指を立てる癖とその心理
話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります
体をかきむしる仕草は、心理状態に緊張感を有しています
会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります
腕を袖で隠す仕草からわかる心理
会議中に退屈でふんぞり返る態度は、心理状態に反対意見があります
首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります
うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています
食事中や会話中に唇をなめる癖が出た場合の相手の心理
おでこにペンを当てる癖にみられる心理
腰の筋肉がぴくぴくする癖がある人の心理的な負担
立ってる時に腰に手を当てる癖のある人の性格とは
足をクロスさせて立つ人の心理や性格は個人差がある
こめかみに指をあてて考える癖を持つ人の性格
後ろ髪を触る癖は、こんな心理から
本の臭いを嗅ぐ行動に込められた心理的な意味
つばを吐く癖のある人の性格とは
食べ物を食い散らかす人の性格とは