立ってる時 腰に手を当てる癖 性格

立ってる時に腰に手を当てる癖のある人の性格とは

スポンサーリンク

立ってる時に腰に手を当てる癖のある人がいます。
男性に多く見られます。
こういう、立ってる時に腰に手を当てる癖のある人は、心理学では、自己中心的で、自己顕示欲が強いことを表しています。
立ってる時に腰に手を当てている人を見かけたら要注意です。
例えば、デートの待ち合わせ中に、女性が待ち合わせ時間に遅れてきたとき、男性が腰に手を当てていたら、相当な怒りを抱いている可能性が高いです。
立ってる時に腰に手を当てる癖は、「あなたの言い分は拒否する」「自分の領域に入るな」「ここから先は通さないぞ」「今は誰も話しかけてくるな」といった感情を表明しているのです。
なので、立ってる時に腰に手を当てる癖のある性格の人と交際する時は注意が必要です。
暴力的になる可能性もあるので、いつでも逃げることのできる心構えをしていないといけません。
こういう態度を見せる性格の人に馴れ馴れしく近づくのは危険です。
この立ってる時に腰に手を当てる癖のある性格の人は、権力を誇示する心理を表しています。
俺様気質の性格なので、相手をコントロールしたいという気持ちをもっています。
女性はコントロールしがちな男性を嫌いますが、そういう性格は精神が未熟な人にありがちな精神構造ですので、一緒に成長していくか、それとも別れを選択するしか、自分が安心して生活できる道はないと思います。

スポンサーリンク

人と対話をしている時に何らかの問題点を指摘したり、自分の権力をアピールする時に使われます。
自分に有利な心理状態を作っているわけです。
立ってるときに腰に手を当てる癖のある人は、威張っているつもりはない、威嚇しているわけではないと主張しがちです。
しかし、心理学的な研究結果は自己顕示欲の強い性格だと示していますので、親しい人であれば、立ってる時に腰に手を当てる癖を注意してあげる方が、本人のためだと思います。
自己顕示欲の強い人は、自分をアピールしますが、決して自信があるという性格ばかりではありません。
人よりも強く自分を評価してもらいたいと思っています。
目立ちたい、人よりも注目を集めたいという欲求が際立っていますので、常に人の目につく言動をします。
自己顕示欲が強い性格は悪いことばかりではありません。
向上心が強いという性格が背景にあり、それは長所です。
自分を成長させたいという意識を持ち、そのために人一倍見えないところでも努力します。
そのため、立ってるとき腰に手を当てる癖のある人が、絶対的に悪い性格という決めつけることもできません。
立ってる時に腰に手を当てる癖のある人とつきあうときは、注意しながらも、いいところを褒めてあげると、うまくコミュニケーションがとれるでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ。8パターン。
隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです
部屋が汚いのに片付けできない性格の理由とは
メールやlineの返事遅いのは性格か
運転中に歌を歌う人の心理
鼻歌が多い人の心理とは
人と話す時の手の握り方の癖と心理状態について
食べ物の匂いを嗅ぐ癖、その行為の心理
ドカ食いを癖にしている人の心理
人前でおならをする癖のある人とその心理
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖は、精神的開放を求めた心理です
飲み物を飲む時に小指を立てる癖とその心理
話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります
体をかきむしる仕草は、心理状態に緊張感を有しています
会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります
腕を袖で隠す仕草からわかる心理
会議中に退屈でふんぞり返る態度は、心理状態に反対意見があります
首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります
うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています
食事中や会話中に唇をなめる癖が出た場合の相手の心理
おでこにペンを当てる癖にみられる心理
腰の筋肉がぴくぴくする癖がある人の心理的な負担
足をクロスさせて立つ人の心理や性格は個人差がある
こめかみに指をあてて考える癖を持つ人の性格
後ろ髪を触る癖は、こんな心理から
本の臭いを嗅ぐ行動に込められた心理的な意味
つばを吐く癖のある人の性格とは
無意識に体が揺れる癖と性格