首回し 首の骨 鳴らす 心理

首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります

スポンサーリンク

からだの一部を使った仕草は、誰でもちょっとした事で行う場合がありますが、動きによって心理状態の違いなどが読み取れます。
首回し、首の骨を鳴らす人の心理状態は、行う人の生活環境なども加味した分析ができます。
例えば、所謂体育会系の男性の場合は特に、首回し、首の骨を鳴らす場面に繋がっている場合があります。
元々からだを動かす事が自然な状態になっており、話などが煮詰まった時、あるいは心理状態に暇などの隙ができた時に行う事があります。
行う人にとっては、首回し、首の骨を鳴らす動作が、日頃からだの動きの一部になっています。
首回し、首の骨を鳴らす時に、相手に対する威嚇する心理状態を有している場合もあります。
首の骨だけに限っていませんが、骨を鳴らすなどの動きは、相手を牽制する時に見られる仕草でもあります。
相手との視線を逸らさず、言葉が少なくなっている様な場合には、相手の何かに不満を抱いている心理状態の時もあります。

スポンサーリンク

職場では、仕事を行っているため、意識が仕事に集中する場面も多くなります。
首回し、首の骨を鳴らすなどの仕草が見られた場合には、少しブレイクが必要だと感じている心理状態なども読み取れます。
首回し、首の骨を鳴らす仕草は、実際にからだの一部がほぐれる可能性などもあります。
行う人にとってみると、ちょっと一息入れている状態でもあります。
一つの事に意識が集中しているため、行った後パソコンを触るなど、同じ態勢が維持される場面へと繋がります。
首回しや首の骨を鳴らすのは、何かの感情や気持ちが生じていても、抑えている心理状態の場合もあります。
会議の場面などで行ったり、相手との会話の最中などに行う事もあります。
現状に対して、自分で意見などを有していても、ひとまずは場の雰囲気を壊さない様に、気持ちを抑えているという心理状態です。
その場で意見を求められた場合には、自分なりの意見を述べるなどで応対できる場合もあります。

スポンサーリンク