鼻歌 多い人 心理

鼻歌が多い人の心理について

スポンサーリンク

鼻歌が多い人というのは、世の中にたくさんいます。
これは単なる癖だと思われていることが多いのですが、そこから人間の心理状態を計ることもできます。
何故鼻歌がその材料になるのかと言えば、基本的にそれは気分がよいときでないと出てこないものだからです。
人間は落ち込んでいるときに、歌を楽しく歌おうという気持ちにはなれません。
無理にそうしようとしても、調子がずれたりしてうまくいきません。
そのため、鼻歌が多い人は、基本的に人生を楽しく過ごしているのです。
気分の良さが行動となって現れ、周りにも何となく楽しそうだというのが伝わるのです。
こうした心理は、子供から大人にまで当てはまります。
特に思ったことをそのまま口にしたり実行に移す子供だと、周りにその子の気分が今どうなのかを教える指標になります。
大人でも感情表現が豊かな人であれば、充分使えます。
人間観察をする際、分かりやすいポイントの一つになるため、注意して見てみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

悲しいときに悲しい歌を歌い、その気持ちに陶酔しているという場合もあります。
通常、鼻歌と言えば気分がよいときにだけやるという印象がありますが、この場合は鬱な気分を楽しみたいからそうしている、となります。
一見すると矛盾しているようですが、人間は悲しいことがあったとき、どん底まで自分を突き落としてみたいという自虐願望が芽生えることが少なからずあります。
そのため、悲しい歌をリピートしている人は、自分でその気分を盛り上げて、楽しんでいるとなります。
ただし、この場合は一時的なものなので、一通り悲しい気分を味わったら、それをやめる傾向にあります。
 これはいつまでも悲しいことを引きずらないために、メリハリをつけたのだとも言えます。
これは切り替えをするための行動であり心理です。
鼻歌が多い人は、そこから今の気分を盛り上げようとしている場合が多いと言えます。
単なる癖ではなく、生きていく上で必要な措置だというのを、忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ。8パターン。
隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです
部屋が汚いのに片付けできない性格の理由とは
メールやlineの返事遅いのは性格か
運転中に歌を歌う人の心理
人と話す時の手の握り方の癖と心理状態について
食べ物の匂いを嗅ぐ癖、その行為の心理
ドカ食いを癖にしている人の心理
人前でおならをする癖のある人とその心理
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖は、精神的開放を求めた心理です
飲み物を飲む時に小指を立てる癖とその心理
話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります
体をかきむしる仕草は、心理状態に緊張感を有しています
会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります
腕を袖で隠す仕草からわかる心理
会議中に退屈でふんぞり返る態度は、心理状態に反対意見があります
首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります
うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています
食事中や会話中に唇をなめる癖が出た場合の相手の心理
おでこにペンを当てる癖にみられる心理
腰の筋肉がぴくぴくする癖がある人の心理的な負担
立ってる時に腰に手を当てる癖のある人の性格とは