うつむく癖 下を見る 仕草 心理

うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています

スポンサーリンク

人と対峙した時に、目線を合わせる、あるいは目線が合う事は一般的によくあります。
しかし、うつむく癖などがある人は、気持ちの面で人に向き合えない場合などがあります。
うつむく癖があって、下を見る仕草を行う人の心理は、行う人の心の状態などによっても違いがあります。
精神的な部分で問題を抱えている場合に、うつむく癖や下を見る仕草になってしまうケースなどもあります。
この場合の心理状態は、人と接する事を拒否している場合があります。
精神的な部分で問題を抱えているのは、うつ病などの場合もあります。
他にも、人間関係でトラブルを抱えたり、何かについて問題が発生すると、うつむく癖、下を見る仕草になる人もいます。
心理状態としては、不安な気持ちがありますので、うつむきながら、モノなどを見つめていたりします。
うつむく癖や下を見る仕草を見せるのは、心理状態が不安定な状況を呈している場合が多くあります。
場合によっては、本人に寄り添ってあげて、現状打破を試みるなどが必要なケースなども存在します。

スポンサーリンク

うつむく癖や下を見る仕草を見せるのは、心理状態の中で、自分に自信がもてない気持ちを有している場合があります。
元々が、性格的に内向的な人の場合にも、うつむく癖や下を見る仕草が多くなる事があります。
複数で会話などをしていると、特定の話題になる事はよくありますが、自分に当てはまらない事だな、と感じた時に見せる仕草になっている事もあります。
複数での会話の場面でも、やはり誰かと目を合わせながらの会話になる場面はあります。
自分に話題を振ってほしくない、問いかけなどをしてほしくない、といった心理状態になっている可能性なども読み取れます。
うつむく癖や下を見る仕草は、つまらないな、という心理状態の場合もあります。
真下を見るのではなく、やや横向きに下を見る様な仕草になっている場合も見受けられます。
この場合には、本人の心理状態は自己主張が存在していますので、場面によっては、相手に対する何かのアピールの場合もあります。
つまらないなは、行きたくないな、やりたくないな、という心理状態を示している場合もあります。

スポンサーリンク