会話中 手をこする 癖 心理

会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります

スポンサーリンク

会話中に示す癖は、相手に対する気持ちの一部を垣間見れる場合があります。
手をこするなどの場合には、相手に何らかの気持ちをもって、行っている可能性があります。
会話中に手をこする癖が出るのは、一つの見方として、心理状態に寒さを感じている場合もあります。
夏場であっても、クーラーなどの冷房が効いている場面は多いため、冬場と同じ様に見られる場合があります。
周囲の人にとっては、手をこするほど寒いかな、という状況であっても、行う人にしてみると会話中にも寒気を感じている状態です。
会話中に手をこする癖は、上司などへの服従心をもった心理状態にある事があります。
手を合わせるのは、畏まった時などにからだの中央辺りで行うスタイルでもあります。
上司や、目上の人に対峙している会話中に、下の立場の人が手をこする癖を見せる場面があります。
この場合の心理状態は、畏まった中にも、上の地位にある相手の立場を尊重して、付き従っているという状況でもあります。

スポンサーリンク

会話中に手をこする癖は、仲間同士でいる時にも見られる場合があります。
心理状態としては、仲間という自分と同じ様な立ち位置にいる人に対して、安心感を有している状況でもあります。
癖ですので、頻繁に見られる場合もありますが、それだけ仲間がいる状況に安心して、普段の自分を見せられる心理状態なども読み取れます。
相手の会話を聞いている時などにも、聞きながら、相手と目を合わせながら行う場面などもあります。
会話中に手をこする癖は、相手との間柄にも多少親しみをもった心理状態の場合も多くなります。
会話中に行う癖ですので、相手の話を長時間聞く側に回る場合もあります。
手持ち無沙汰の心理状態で、手をこするなどに繋がっている可能性もあります。
そのため、会話の相手が余り面識がなかったり、緊張感をもつ様な相手の場合には、癖を敢えて抑える行動に出る事もあります。
親しい間柄で行うのは、やや状況を持て余しているなどの場合もあります。
相手が発言できる機会を作ると、手をこする場面が減る可能性もあります。

スポンサーリンク