本の臭いを嗅ぐ 心理

本の臭いを嗅ぐ行動に込められた心理的な意味

スポンサーリンク

人には多くの癖があり、それらの行動には心理的に様々な意味が込められているとされています。
髪の毛を触る人や足を揺らすといった行動などがありますが、その中でも本の臭いを嗅ぐといった行動をとる人がいます。
これはちょっとしたさりげない癖の1つになるので、あまり周りの人には気づかれにくい癖となります。
ただし自分自身では無意識に本の臭いを嗅ぐ行動をしていると理解している場合が多いです。
この行動は心理として、精神的な解放を求めていると言われています。
本を読むという行動自体には、心理的にリラックスしているという状態だとされています。
その本の臭いを嗅ぐことで、よりリラックスした開放感を求めていると考えられます。
逆に本を読むことでリラックスできる人が、本を読めない状況の時に本の臭いを嗅ぐことで読めない事に対するストレスを解消し、心理的にリラックスしたいという欲求を満たす意味も含まれています。
心理的にストレスや不満というよりも、よりリラックスしたいという気持ちや開放したいという思いから起こす行動となります。
そのため自分では意識していなくとも、無意識に本の臭いを嗅ぐことができる本屋に立ち寄ってしまうという人も多いです。

スポンサーリンク

本の臭いを嗅ぐ行動にはよりリラックスして、心を開放的にしたいという思いが心理的に込められています。
またそれと同時に気持ちを切り替えようとしているという場合も考えられています。
仕事を始める前や何か自分の時間を過ごしている時など、最後に本の臭いを嗅ぐといった人が多いです。
それは心理的にリラックスしたいという気持ちよりも、気持ちを別の行動に移す為に切り替えるきっかけにしているという考え方です。
本の臭いを嗅ぐという行動自体は無意識に行っているので、あえて切り替えようと気持ち的に考えていることは殆どありません。
ただし心理的には無意識にきりかえるきっかけにしている事が多くあります。
この本を嗅ぐという行動には、本独特の香りが作用されているます。
本はインクの香りがするので、その香りが行動を切り替えるきっかけとなります。
そのため本だけでなく新聞や雑誌など、インクが使われている書籍などを利用する場合もあります。
男性が仕事の前に新聞を読む行動や女性が休憩中に雑誌を読む行動などは、心理的に気持ちを切り替える方法として活用している癖の1つとも言えます。

スポンサーリンク

関連ページ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ。8パターン。
隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです
部屋が汚いのに片付けできない性格の理由とは
メールやlineの返事遅いのは性格か
運転中に歌を歌う人の心理
鼻歌が多い人の心理とは
人と話す時の手の握り方の癖と心理状態について
食べ物の匂いを嗅ぐ癖、その行為の心理
ドカ食いを癖にしている人の心理
人前でおならをする癖のある人とその心理
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖は、精神的開放を求めた心理です
飲み物を飲む時に小指を立てる癖とその心理
話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります
体をかきむしる仕草は、心理状態に緊張感を有しています
会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります
腕を袖で隠す仕草からわかる心理
会議中に退屈でふんぞり返る態度は、心理状態に反対意見があります
首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります
うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています
食事中や会話中に唇をなめる癖が出た場合の相手の心理
おでこにペンを当てる癖にみられる心理
腰の筋肉がぴくぴくする癖がある人の心理的な負担
立ってる時に腰に手を当てる癖のある人の性格とは
足をクロスさせて立つ人の心理や性格は個人差がある
こめかみに指をあてて考える癖を持つ人の性格
後ろ髪を触る癖は、こんな心理から
つばを吐く癖のある人の性格とは
無意識に体が揺れる癖と性格