イヤリング ピアス アピール 心理

イヤリングやピアスをアピールする心理状態は好意を有します

スポンサーリンク

イヤリングやピアスは、身に付けるアクセサリーの一つですが、身に付ける人の状態によって、見え難い状況になる場合などもあります。
自分が身に付けているイヤリングやピアスをアピールするのは、心理状態に女性らしさを強調する気持ちがあります。
女性が行う場合も多いですが、その時身に付けているイヤリングやピアスのソースについては様々でもあります。
例えば、対峙する人が彼氏の場合には、彼氏から贈られたものであるなども想定されます。
彼氏に対してあなたからの贈り物を付けてるわよ、という意味の表現として行っていると推察されます。
アピールするのも、心理状態に彼氏の事を強く意識しての気持ちがあるから行っている状況です。
一方で、イヤリングやピアスをアピールするのは、誰かにもらったものを身に付けている、という状況を相手に知らせる意味で行っている場合もあります。
心理状態としては、誰か異性の存在を相手にも感じさせたい気持ちを有しています。
アピールするのは、異性の存在を知らせたり、他にもやや誰かにプレゼントされた事を自慢したい心理状態を有している場合もあります。
対象として、同性や異性など様々な人と対峙する場面があります。

スポンサーリンク

イヤリングやピアスをアピールするのは、行う人が対峙する相手に高い意識を有している心理状態の場合もあります。
高い意識というのは、相手への恋愛感情や好意的な感情といえます。
異性に対して行う場合には、心理状態にやや積極的な気持ちを有している場合があります。
女性が行う場合には、イヤリングやピアスがある程度の髪の長さや膨らみなどによって、見え難い状態になる事もあります。
アピールするのも、隠されたからだの一部を相手に敢えて示している状況になります。
普段見え難い部分にイヤリングやピアスで装飾を施している状態でもありますので、アピールの手段の一つになっているともいえます。
イヤリングやピアスは、数を多数身に付けて、アピールをしている人も見られます。
この場合の心理状態は、強さを誇示している場合もありますが、オシャレな自分を周囲に誇張している場合もあります。
数が増えていくのも、周囲へアピールする気持ちが次第に強くなってきている心理状態です。

スポンサーリンク