手指爪 癖 しぐさ 心理

手、指に関わる癖にはどのような心理が隠れているのでしょうか。

手、指、爪の行動からわかる癖記事一覧

 目は口ほどに物を言う、ということわざがあります。仕草はしゃべった言葉よりも、雄弁にその人の心理を物語っているという事です。つまり、目だけではなく、体の動き、手の動きなどにもその人の考えが現れます。 例えば手がそれにあたります。人と会話をする時、言葉を慎重に選ぶ事はありますが、手の動きまで慎重に選ぶ人は多くありません。そのため、その人の本当の気持ちが、手の動きとなって現れる事が多いのです。 例えば...

手をしきりに動かして、話しかける人います。こちらは癖になっている人もいますが、人により癖とは違い意識して使っている人もいます。手は口、目等と同様に気持ちを伝える手段しての効果もある行動になります。癖の心理からみてみると、手で気持ちの表現をあらわしていて、例えば、話しかける人がいて、手を動かしながら話す人は端からみていて気持ちが入った話し方にに感じます。少数の人に話しかけていて、手であなたを指したと...

人と話している時に、自分の手のひらを触る、つねる、手のひらに字を書くように指でなぞっている行動をしている人を見かけます。この行動は、その人の現在の心理状況で、不安、悩み、寂しさ、葛藤を抱えた時に無意識にしている行動になります。この行動は特に女性に多く見られる行動の一種でもあり、悩みなどの問題が深くなるほど、出る傾向になります。例えば、喫茶店で女性どうしの会話で、悩み相談をしている、聞いてもらってい...

人の行動の中で、手を頭の後ろで手を組む行動をする人を見かけます。この行動は癖になってしまっていまして、この行動は何を意味しているのか、考え事をしていたり、妄想の世界に入っている場合などのケースも有りますが、最も深層心理学的的には、無意識というよりも退屈な気持ちを無意識に表現しているケースが潜んでいる場合が大半です。気持ちを表すと”あ〜あ!”の心理状態で、ボーっとしている気持と、”なんとかならないの...

人と話をすると気に、人に向かって指をさしながら話をする人、癖の人います。指をさされた人は、気分がよくないです。実は心理的に、話をする相手に対して・話をする相手を支配する・自己中心的の考えで話す・相手を受け入れない・相手を見ていない・自分の中に、答えがあり意見を聞く態勢でないなどの心理が働いていて、無意識に指を指しています。実際には、指を指している人にはそれほどの意識がなく、人に指を指している人もい...

子供時代の習慣が捨てきれず、大人になってからも指を噛む癖がある方がいます。このような方は一般的に精神的な不安感が強く、多くの場合指を噛むことによって気持ちを安心させたいといった心理が背景にあるのです。こういった癖は、普段は抑えられていてもプレッシャーを感じた時などに突如現れてくることがあります。恐怖心や不安といった気持が背景にあることを押さえておけば、いざ症状が現れそうになった時に適切な対処が出来...

臭いを嗅ぐ癖はいろいろとありますが、その中に自分の指の臭いを嗅ぐといる行動を取る人がいます。此の自分の指の臭い嗅ぐ事自体は身体的には影響はなにのですが、他人から見られた時に不思議な行動と思われる行動になります。此の癖のない人からは、此の指の臭い嗅ぐ行動からは理解がしにくい行動です。此の指の臭いを嗅ぐ事は、人により爪の臭い嗅ぐということもあり、同一の行動癖の意味があり、自分の一番近い部分の臭いの確認...

指の皮むく原因と心理ですが、これは背景に子供の頃に不安な時にカク、イジルなどをしていた頃の習慣的な行動にが残っている。成人になっても、イライラした時や精神的に不安定な時に、何かを触る、カク、撫でるなとの行動をしていることが習慣になる。おとなになり、吹き出物、ニキビ、皮膚の固くなった部分などを触る、むしる、カクなどの行動。などが起こす行動の現れとなり、イライラしたり、精神的に不安定な時にお大人になっ...

指を鳴らす人が電車、職場、電車のホームなどでよく見かけます。これも一種の癖になります。指の関節内にある、潤滑目的の気泡が指をそらしたり、曲げたことで気泡がはじけて、ポキンと大人なるのが原因です。無意識的にしていることで、癖のような習慣的な行動になっていて、鳴らす行為自体が精神的に安心するためです。よく包装の保護材のプチプラを指で潰して、プチ・プチと鳴らすことが、気持よかった事無いですか。この行動と...

子供に多く大人でも少なくない癖が爪をいじる、噛むというものです。子供の時からそのような癖がある人は、大人になってもそのような行為を続けてしまう人が意外と多いです。なぜ手持無沙汰になると、爪をいじったり噛んだりしてしまうのでしょうか。どのような深層心理の表れなのでしょうか。この行為の深層心理はさまざまなものがあり、緊張している、ストレス感じている、幼児期の愛情不足による精神不安定、なんとなく寂しいと...

一般的に爪を噛む癖としては、幼少期の寂しいなどの経験が抜けなくて大人になっても寂しさが抜けなくてそのまま残っている事を表すます。寂しかったり、精神的なストレス、精神的な不安が心身に伴うと必然的、無意識でる症状です。俗にいう、”いじいじ”した表現になり、精神的には自分の内側に全神経が言っている状態になります。では、今回の人(他人)の爪を触る癖とは上記と同じかどうかですが、人(他人)の爪を触る癖は少々...

プレイべートでも、仕事においても、男が腕組みをしている姿をよくみかけます。この際に、男の腕組み心理は何を示唆しているのでしょうか。動作としての腕組みとは、胸の前で両腕の交差させて身体を守っている状態になります。これは、心臓を無意識に守っている状態であり、防衛的な姿勢を意味します。そのため、一般的には、相手に対する拒絶や相手の見解に対する否定的な姿勢を示します。つまり、相手の話ている内容に対して賛同...

ペン回しの癖は、無意識の精神安定の自己行動の現れです。勉強中や会議中、書類つくりの時に、ペン回しをしている人を見かけます。ボールペン、シャープペン、鉛筆などを使い、端から見ていると、本当に上手くプロペラのようにくるくると回しています。実は、この行動は本にの中で精神を安定させている自己調整の行動と言われ、精神を安定して集中している状態です。特にこともの頃に多く見られ、子供は興味本位でまねをしてことで...

人は嘘を隠そうとする時は、目線が下を向いたり、言葉がしどろもどろになったり、あわてた行動をします。これは誰でも知っていることの癖の行動心理で、嘘をつこうとしている人は必死になって嘘がバレないように隠そうとします。顔の表情、心理的な動揺は見抜かれないように平常心を保とうとして考えながら行動しています。ところがついつい出てしまう行動の癖があり、それは手の動きで手の動き方を見れば嘘の可能性を見分けること...

皮膚むしり症はスキンピッキングとも呼ばれ、常に無意識、意識的に自分の皮膚をむしってしまう自傷行為の一つです。この行動は、ある日突然に習慣化していまい、いつの間にか皮膚をむしる行動に至っています。この行動の原因は、特に成長期の若い人、精神的にストレスを持っているひと、イライラしやすい人、不安を常に持ち合わせている人、などがかかリやすく、とくに女性がかかりやす傾向があります。特に普段から、爪の皮、唇の...

指で体のどこかをこするのが癖という人がいます。また、心理状態によっては、無意識にどこかをこすってしまうことがあります。その心理について説明いたします。(1)鼻をこする鼻は人間の急所の一つですが、そこを触るというのは無意識に自分を守ろうとしています。例えば会話中に鼻を触っている場合、会話によって傷つきたくないと思っています。好きな人の前では照れからこの癖が出る場合もあります。また、嘘や隠し事があると...