つばを吐く 癖 性格

つばを吐く癖のある人の性格とは

スポンサーリンク

目の前でつばを吐く心理にはマナーなどくそくらえと考えている、また、社会に対して反抗的な気持ちを持っているなどが挙げられます。
幼少期に両親がしつけを怠っていたこともあるでしょう。
つばを吐くことは痰がつまったりして出ることはあっても、一般的にはティッシュで処理しようとします。
それをせずに、平然とつばを吐くことが何が悪いという態度でいる人もいます。
年配の男性に多いですが、若い男性、少年でもつばを吐く癖のある人もいます。
目の前にいる人に嫌悪感を示すためにつばを吐く人もいます。
嫌悪感や、憎しみ、攻撃的態度を言葉に出せないために態度として表しているわけです。
つばを吐く癖は誰でも嫌です。
それをするということは、目の前の人に喧嘩を売っているのと同じことになります。
そういう人の気持ちが分からないということは、子供の精神状態そのものであり、大人でもつばを吐く癖が直らない人は、精神が成長していないと見てとれます。
性格の問題で、マナーが身についていない、子どもの時にあまり注意をされなかった人でもあるのでしょう。

スポンサーリンク

つばを吐く癖は女性が嫌う癖の第1位に挙げられるほどです。
相手がつばを吐けば、そこをとおったり、車を駐車したくないという人もいるほどです。
それほど、敏感な人がいるにもかかわらず、その癖を直さないということは、性格も原因でしょう。
性格は一長一短に作られるものではありません。
幼少期からの経験によって形成されていきます。
性格は簡単には直りませんが、つばを吐くことが相手の迷惑になるという意識があれば、その行動は変わってくるでしょう。
それが少年ならまだしも、年配の男性がつばを吐いていたら、かなり性格を直すのは困難です。
唾を吐く癖のなにが悪いという意識が強いからです。
性格を否定されることは自分の生きてきたことを否定されることになります。
そのため、経験が多い大人程、性格を直すのは困難になります。
やはり、若いうちに気づいてそれを変えていこうという意識にならないと、その癖や性格は変わっていかないでしょう。
野生動物の世界では地面につばを吐くのは自分の縄張りだと主張しているのと同じことだそうです。
公共の道路を自分の縄張りだと主張しているのならば、それば子どもの思考そのものだといえます。
それに気づかないということ自体に問題があり、親しい人が注意してあげるなどしないと改善は見込めません。

スポンサーリンク

関連ページ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ。8パターン。
隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです
部屋が汚いのに片付けできない性格の理由とは
メールやlineの返事遅いのは性格か
運転中に歌を歌う人の心理
鼻歌が多い人の心理とは
人と話す時の手の握り方の癖と心理状態について
食べ物の匂いを嗅ぐ癖、その行為の心理
ドカ食いを癖にしている人の心理
人前でおならをする癖のある人とその心理
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖は、精神的開放を求めた心理です
飲み物を飲む時に小指を立てる癖とその心理
話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります
体をかきむしる仕草は、心理状態に緊張感を有しています
会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります
腕を袖で隠す仕草からわかる心理
会議中に退屈でふんぞり返る態度は、心理状態に反対意見があります
首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります
うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています
食事中や会話中に唇をなめる癖が出た場合の相手の心理
おでこにペンを当てる癖にみられる心理
腰の筋肉がぴくぴくする癖がある人の心理的な負担
立ってる時に腰に手を当てる癖のある人の性格とは
足をクロスさせて立つ人の心理や性格は個人差がある
こめかみに指をあてて考える癖を持つ人の性格
後ろ髪を触る癖は、こんな心理から
本の臭いを嗅ぐ行動に込められた心理的な意味
無意識に体が揺れる癖と性格
食べ物を食い散らかす人の性格とは