話す時 足 膝 触る癖 心理

話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります

スポンサーリンク

会話をする場面では、相手が一人であっても、複数であっても、癖が出てしまう人がいます。
その人を取り巻く環境が影響している事もあり、心理状態を読み取るには、性格なども含めて分析する必要があります。
話す時に、足の膝を触る癖がある人の心理状態は、人の動作の特徴なども含めて読む必要があります。
人と話す時には、足の太もも部分に手をのせるなどの状態にする人も多く見られます。
元々が、座る状態であれば、手が足に近い状態になり易い場面もあるという事です。
話す時に足の膝を触る癖についても、職場であれば上司と、あるいは異性と対峙する時にも、多少の緊張感が生じて行っています。
心理状態には、相手に幾ばくかの緊張感をもっていたり、慣れない状況に戸惑っている気持ちが働いています。
膝部分を触る癖は、誰かと真っ直ぐ対峙した時には、膝部分が相手によく見える箇所となります。
それでも敢えて膝を触る癖に及んでいるのは、話す時の心理状態に緊張感など、通常とは違った違和感を覚えている状況といえます。
話している内容は普通であっても、心理状態としては、普段の状態からやや外れている状況を呈しています。

スポンサーリンク

話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に気持ちを引き締めているなどの場合もあります。
触る動作に繋げるためには、手の動きが必要になります。
顔やからだの上半身よりは、やや遠い場所に位置している足の膝を触る癖は、敢えて行っている場合もあります。
話す時に行うのは、これから自分の話、意見を相手に伝えようとしている、意思の表れと捉える事ができます。
一種の弾みをつけている状態ですので、ここから本気モードに切り替える心理状態なども窺えます。
足の膝部分は、手で触る癖があった時、手のひらで包み込む様にする人も見られます。
座って人と話す時には、会話における一種のクッションの様な役割を果たしていると推察されます。
行う本人にとっては、会話をスムーズに流すための動きに繋がっている場合もあります。
人との会話は、互いの目を見て話すなど、言葉が中心になります。
足の膝を触るなどの動作によって、からだの動き、視界に入るものの大きさが変わる事になります。
場の雰囲気というよりも、会話における緊張感が少し途切れる場面に繋がっているといえます。
行う本人の心理状態にも、多少会話の流れを変えたい気持ちが存在している可能性があります。

スポンサーリンク