癖 しぐさ 恋愛心理

癖からわかる恋愛心理

癖からわかる恋愛心理記事一覧

デート中の彼の口癖で、実は彼の結婚願望度が見え隠れしています。彼の口癖を枠に当てはめてみて、彼のがよく口にしている会話に当てはめてみて、「はい」、「いいえ」で考えてみます。どちらにも当てはまらない場合は、「いいえ」でお進みください。進んだ結果の答え。彼の結婚願望度はAの場合は、結婚願望度15%彼の場合は、マイペースな性格で多少頑固な性格を持っている彼になります。結婚願望はあまり強くないようです。比...

人は、似たもの同士を好きになる、惹かれる傾向があります。「類は友を呼ぶ」などの言葉があるように、環境や趣味、生活リズムなどが似ていることを発見、認識すると、今までの関係から一気に距離が縮まるようになり、二人の距離が急に接近する経験があります。これは類似の法則と言い、趣味、価値観、娯楽、思考などが似ていることで、相手との距離が縮まることを指しています。この類似の法則は、恋愛でも同じような事がおきて「...

一般的に、人をつねる行動は怒った時に相手に対してとる行動で、ある意味怒りの心情の表現で相手は嫌な気分になるのが一般的です。ところが、恋愛感情を持っている当事者間では、その一般的な心理とは異なる心理が、お互いにはたらいています。と言いますのは、女性が男性ををつねる行動は起こった感情も一部はありますが、大半は異なる感情が働いていています。具体的には、女性が男性に甘えたいとの心理の時です。女性が特に甘え...

いろいろな場面で、男性にさり気なく男性にボディタッチをする女性がいます。冗談交じりの会話の時や、笑って男性の背中、肩を叩く。それも、あくまでさり気なく、特に意識をしているわけでもなく、まるで同姓にしているかのようにしてきます。男性に、実はこれだけで意識をさせるには十分すぎるぐらい効果があります。この効果は、恋愛テクニックとしても効果があるテクニックで、ボディタッチ戦略とも呼ばれることがあります。女...

デートや、人付き合いで、実は好意や好きなのに、気持ちとは裏腹の行動をとってしまう人がいます。まわりから見ていると、好き、気になっているのはあからさまに気持ちが向いている事がバレバレなのに、当本人は、全然「気にしていない」「気になっていない」との素振りをあからさまにしてしまう傾向、癖のひとがいます。その行動の傾向として、起こったり、顔色をかえない、笑顔を見せない、話し方や接し方がきつくなっている時と...

デートの時に人は何気なく、意思をサインで表していたりします。特に恋愛心理のときに、女性は暗黙のサインを男性に送っています。男性は普通女性をリードしていきますが、その時に女性の心理をいかに理解、読んで女性の期待に答えていくか、女性を男性が喜ばせてみせることが重要ではないでしょうか。この点がキーポイントになります。女性は意識的であったり、無意識であったりしていますので、男性はこのサインを見落としてしま...

彼男性として、彼女にモテたい、好意的に見てほしい、親密の関係になりたいと思っている事で、少々頑張ってみたり、彼女に探り的に彼女の意見を聞いたりもします。実はその彼のデート中の言葉の口癖、パターンから彼女に対する密着度を読むことが出来ます。そのパターンとは。「何したい」「どこへ行きたい」の口癖の場合、比較的にこの言葉を口にする男性は、傾向として女性を立ててあげたいと思う、彼女の希望を叶えてあげたい・...

デートは非常に楽しく、わくわくするのが楽しみですが、デートの時に時に彼がどのような過ごし方をし、好むかを見てみるとその人の趣味や、相手に対してどのように期待しているかを示しています。@映画を楽しんで、その後食事をし、その後にアルコールのある雰囲気のお店でデートを選ぶ彼は、時間が立つにつれぐっと距離が縮まリます。このようなデートをする男性は、時間をかけてより親密の関係を築きたいと思っている男性で、派...

彼とのデートの付き合いの中で、次第に彼の手が彼女の体に触れることが多くなります。付き合ってすぐの頃であれば、手をつなぐことから始まり、デートの回数や親密度がより深くなってくると腕を絡ませたり、腕組などをするようになってきます。恋愛の感情が増えれば当然ですし、彼女も男性からしっかりつないでいてほしいとの欲求と、彼も同様に彼女を守ってあげたい、近くに寄り添ってほしい願望の行動が起きます。デート最初の頃...

最近では、初婚年齢が上がる傾向があり、初婚の平均年令で男性は30.4歳、女性は28.6歳の推移データがあります(内閣府調査)。このデータを見ても一般的には男性のほうが結婚年齢が高く、一般的です。ところが、ことわざがで「姉女房は世帯の薬」がリますが、妻は年上のほうが上手く回る、うまくいくとの考え方があり、特にスポーツ界や芸能人などの著名人の家庭で、年上の女性と結婚して立派な活躍をされている方が結構い...

恋愛において彼の言葉は重要で、特に「愛している」、「好きだ」などの言葉をかけられることで女性は喜びを感じ、より彼のことを好き気になることも多いかと思います。男性の中には、思っているだけで言葉に出さない人も大きのが現状で、女性は言葉で表現をしてほしい、男性はわかるだろうとの思いで、男女間で感じ方の違いがあり、時には喧嘩なども起きることがしばしばあります。では、その男性のことばは常に本心であるかどうか...

結婚は誰しも夢で、幸せいっぱいのスタートとなる門出のものです。幸せの結婚生活のために、結婚が決まると、二人の家庭を作るために決め事もまた楽しいものです。でも、中には男性でマリッジブルーになり、神経質になる男性もあります。マリッジブルーはよく女性がなるものと思われがちですが、じつは男性にもマリッジブルーに相当する物があるのです。その相当というのは、女性の場合は結婚が決まったあとに訪れるものですが、男...

デートの時の話に盛り上がることは普通で、特に女性は話をすることが好きですが、男性と事ないり脳の働きで言語表現を言葉で伝達することを得意としているのが女性で、逆に男性はあまり得意とはしていない脳の働きがあります。メール、ツイッター、LINEなどの言葉ででもその傾向がありますので、違いが理解できます。言葉が得意としてる女性が、デートの時などに何故か男性の知らない友達の話をし始める女性も中にいます。「○...

女性の”つぶやき”や何気ない”話題”の中で、実は男性と女性との会話が食い違い、咬み合わない時があります。その”つぶやき”ですが、男性から見ると女性から話してきたことに対して男性はその答えが成立するように理論建てて回答をしようとします。例えば女性から、「最近全然会えないくて寂しい」、「どうしてた」などの会話があったとします。その問に対して、男性は実際に仕事、または他の用事で女性に会えないことがあった...

「ぶりっ子」女性のぶりっ子は、昔から、今でもなくなることのない女性の表現法の一つです。女性からは多少反感を買ってしまうこともありますが、男性には根強い甘えん坊のしぐさになります。男性はぶりっ子は嫌いと言いながらでも、実際に自分に女性がぶりっ子調で甘えられ、ましては上目遣いできよううものならば、男性はついつい、「かわいい」との印象を持ってしまいます。それは男性の性別な育ち方からも男性であるべき、男性...

ちょっとしたことで嫌いになる癖、性格の人がいますが、この心理には感情からの決めつけることでしか答えを出せない傾向の人と、白黒をはっきりしないと気がすまない思考が強い人に見られる傾向の人がこのパターンになりやすい性格になります。まず、「ちょっとした些細なこと」で自分の中での考えが消化できず、感情的に物事を考え、極端に言えば自己中心的な自分軸での思考で周りが見えず、状況を考えることが出来す、自分の感情...

すぐに恋に落ちる傾向が強い人に見られる特徴として、よく「一目惚れ」というものがあります。この一目惚れはよく理想の相手をして思い込む傾向があります。表現的に「・・・さんに、ビビッときた」として、瞬間に恋におちてしまうことがあります。そして夢中になり、四六時中相手のことを考えています。この一目惚れの特徴として、自分の中に持っていた理想の要因、例えば優しさ、配慮、容赦の中で行動、相手の人の顔、鼻、自分と...

女性の話し好きは性別的に多いのが普通で、自己開示の気持ちが強い性別になります。逆に男性は、口数が少なく、文字の表現のボキャブラリも少なく、女性から見ると物足りなく感じることがあると思います。その点で、女性の無駄話で注意する必要性がある面が、女性の無駄話、雑談の中で男性の家庭環境での問題、人間関係での問題、性格的な問題などを、彼のいる時や、彼の友人のいる席で話をすることを気をつけるようにします。男性...

女性の中に、無料サンプル、無料体験、無料相談との言葉に弱い人がいます。俗に言う、「タダ」という言葉です。お小遣いが少ない、購入するには少々気が乗らない、などの心理の中で無料(タダ)との言葉で、比較的に行動を起こす女性がいます。せっかく無料なのだから、いろいろと試してみたいとの心理で無料のものを安易にもらったりする女性の人がいます。この心理には、無料の中に隠された無料の効果が含まれていて、無料が実は...

異性と腕組みは誰にでも普通に見かける行為です。しかし、どんな場所で、どんなタイミングでまた軽くかしっかりかという事によって、相手の動きを封じ込め束縛したい、自分の言いなりになってほしい、強い要求の表れというような心理も含まれる場合があります。軽く腕組をする場合には、そのタイミングというのはごく自然ななり行きであり、相手も気がつかない時もあります。しかしブランドショップや、宝石店など入店して突然の腕...

せっかく好きな人と付き合うのだから、彼氏心理を知りたいと思うのは当然のことです。自分に対してしてくることと、彼が普段している癖を確認し、相手のことを理解したいと思っている人は多勢います。例えばデートの時に彼女の手を強くつねる場合の彼氏心理がわからないということは、珍しくありません。特に何も悪いことをしていないのにつねられても、困惑しますし、せっかくのデートなのに不快に思う人も多いです。この場合なぜ...

気になる相手には身体的にも近づきたくなるのが自然な恋愛心理ですが、男性は体全体を寄せてくることが多く、女性は手や指などパーツを近づけることが多いとされています。そのため、男性は一緒に歩いているときや仕事をしているときに体全体を近づけることが多く、女性は飲み会や食事のときなど同じ席についているときに男性の手や指先に自分の手を近づけることが多いです。もっと積極的な女性だと、手や指先をかいたりします。男...

一般的に、新年会や忘年会など多くの人が集まりお酒を飲む機会があります。また、そうでなくてもお酒に誘ったり誘われたりすることはコミュニケーションの一環として珍しい話ではありません。特に男性はお酒を飲む事を好む方が多いとされていますので、男性同士でも女性とでもお酒を飲む機会が多くなっています。そのような場合に、酔うと甘える男性がいらっしゃいます。これはやや特殊な男性心理が働いた結果で、実は本人にも理解...

「俺ってかっこいい」と聞いてくる男性心理の狙いが分からない方も多いと思います。そのようなときに相手の気持ちを理解する便利な方法といえば、インターネットを使ったコミュニケーション方法です。メールやチャットなどを使ったコミュニケーションでは直接本人と話すよりも自然な会話になりやすいです。会話の間を気にしなくても話すことができるので、もし男性心理の狙いが分からない方はインターネットを使ったコミュニケーシ...

近年の日本では、セクシャルハラスメントが大きな問題になっています。例えば、男性が仕事を教えるふりをして女性の肩やお尻に触ったりする場合があります。このような場合には男性は責任を問われますが、逆に何でもないような事でも女性がセクシャルハラスメントだと騒ぎ立てるケースもあります。そして、その場合でも基本的には男性に非難が集まります。なので現代の日本では男性が女性に触れる事は1種のタブーになっていますし...

例えば、会話中などに首をかしげるような仕草を見せる方は大勢いらっしゃいます。これは非常に一般的な仕草で、会話の内容などに疑問を持った時などによく見られます。基本的に首をかしげると言う仕草は、疑問や理解できないような事柄に対して行われます。プロのアスリートが試合中に思ったようなプレーができない時にも見られますし、子供が親に質問する時などにも見られます。そもそも、この仕草は本能が元になっているとされて...

ボディタッチは、期せずして発生する事もありますが、故意に行う場合もあります。特に異性に対するボディタッチは、行う人の普段の習性、相手に対する気持ちなどが表れる事があります。女性の腰に手をまわす男性心理は、相手に対する好意的な気持ちを有している場合が多くなります。海外では、男女が公の席に出席する場合、女性の腰に手をまわすのも、自然な行動として捉えられる事も多くなります。女性をエスコートする姿勢として...

男性心理とは女性からすると複雑なものとして映ることが珍しくありません。これは性別が異なるのだから仕方のないことだと言えますが、好きな男性がいるとなれば、それについて詳しく知りたいと思うのが人情です。では、男性心理を計るための目安になるものはないのかと言えば、ボディタッチが分かり易いものとなります。その中でも鼻つまむという仕草は、恋愛に結びついたものとなります。男性心理の中には、気になる女性の身体に...

女性は、メイクなどを顔に施す場合がありますが、人によっては、ボディ全体に配慮を行き渡らせている人もいます。男性の視線を気にしている場合もあり、男性からの反応に繋がる事もあります。男性が女性の爪を触ってくる男性心理は、かなり女性への依存度が高く、甘えた感情を有している場合があります。爪がある位置は、人のからだの先端部分にあたります。確かに爪を彩っている女性もいるため、男性からしてみると、興味を引く部...

好きな人への思いは、時として好き避けの態度で相手に伝わってしまう事があります。気持ちとは裏腹な仕草は、実は相手への好意をカモフラージュしている場合も多いのです。好き避けの態度としては、相手から会話を振られても、何も関心が無い様に装う仕草などになる事があります。心理状態としては、相手から話を振られて嬉しい気持ちがありますが、別にという仕草で応対して、気持ちをカモフラージュしています。心理状態に素直さ...