新聞 雑誌 インクの匂いを嗅ぐ癖 心理

新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐのは、精神的開放を求めた心理です

スポンサーリンク

書籍など、文字が記してあって文章になっているものは、情報を入手するという手段になる場合があります。
中には、本などの文字を読む事で、こころに落ち着きを取り戻す事ができるという人も見られます。
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ人も見られますが、この場合の心理状態としては、リラックスできる状態を求めているともいえます。
新聞、雑誌を読む時間は、読む人にとっての一時の安らぎを感じられる場面になる事が多くなります。
文字を印刷する場合には、インクが使用されている事が多いため、インクの匂いを嗅ぐという動作をする事により、精神的なリラックス効果を呼び起こす事に繋がります。
精神的な開放を求めて、新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐというケースがありますが、その動作以前に、既に精神的なリラックス状態になっている場合もあります。
例えば、本屋さんなどには、雑誌も多く置いてありますが、そこに行くまでのプロセスにおいて、想像をする事によって既に、気持ちが開放されているという人もいます。
いずれの場合にも、匂いを嗅ぐという動作によって、癒しを求めている心理状態が読み取れます。

スポンサーリンク

新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐという動作は、気持ちを切り替えようとしている心理状態も読み取れます。
新聞の場合は特に、仕事の始まり以前に情報ソースとして読む場合もあります。
仕事上必要になるという人たちも存在しますので、さあこれから仕事だ、という切り替えを行っている場合があります。
一方で、雑誌の場合には、どちらかというと、仕事よりはプライベートタイムに利用するというケースも多くなります。
自分が楽しみにしている内容の雑誌などを、自らが選択して購読するという人は多く見られます。
インクの匂いを嗅ぐという動作をするのは、記載されている内容に取りかかれるのが嬉しいという心理状態も読み取れます。
余暇の時間として、楽しみを倍増させる効果などもあるため、プライベートな時間に集中する心理状態が表れているといえます。
また、緊張をする様な場面を前に、新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐという人もいます。
この場合には、緊張を解きほぐしたい、という心理状態になっている事が推察できます。

スポンサーリンク