新聞 雑誌 インクの匂いを嗅ぐ癖 心理

新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐのは、精神的開放を求めた心理です

スポンサーリンク

書籍など、文字が記してあって文章になっているものは、情報を入手するという手段になる場合があります。
中には、本などの文字を読む事で、こころに落ち着きを取り戻す事ができるという人も見られます。
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ人も見られますが、この場合の心理状態としては、リラックスできる状態を求めているともいえます。
新聞、雑誌を読む時間は、読む人にとっての一時の安らぎを感じられる場面になる事が多くなります。
文字を印刷する場合には、インクが使用されている事が多いため、インクの匂いを嗅ぐという動作をする事により、精神的なリラックス効果を呼び起こす事に繋がります。
精神的な開放を求めて、新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐというケースがありますが、その動作以前に、既に精神的なリラックス状態になっている場合もあります。
例えば、本屋さんなどには、雑誌も多く置いてありますが、そこに行くまでのプロセスにおいて、想像をする事によって既に、気持ちが開放されているという人もいます。
いずれの場合にも、匂いを嗅ぐという動作によって、癒しを求めている心理状態が読み取れます。

スポンサーリンク

新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐという動作は、気持ちを切り替えようとしている心理状態も読み取れます。
新聞の場合は特に、仕事の始まり以前に情報ソースとして読む場合もあります。
仕事上必要になるという人たちも存在しますので、さあこれから仕事だ、という切り替えを行っている場合があります。
一方で、雑誌の場合には、どちらかというと、仕事よりはプライベートタイムに利用するというケースも多くなります。
自分が楽しみにしている内容の雑誌などを、自らが選択して購読するという人は多く見られます。
インクの匂いを嗅ぐという動作をするのは、記載されている内容に取りかかれるのが嬉しいという心理状態も読み取れます。
余暇の時間として、楽しみを倍増させる効果などもあるため、プライベートな時間に集中する心理状態が表れているといえます。
また、緊張をする様な場面を前に、新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐという人もいます。
この場合には、緊張を解きほぐしたい、という心理状態になっている事が推察できます。

スポンサーリンク

関連ページ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ。8パターン。
隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです
部屋が汚いのに片付けできない性格の理由とは
メールやlineの返事遅いのは性格か
運転中に歌を歌う人の心理
鼻歌が多い人の心理とは
人と話す時の手の握り方の癖と心理状態について
食べ物の匂いを嗅ぐ癖、その行為の心理
ドカ食いを癖にしている人の心理
人前でおならをする癖のある人とその心理
飲み物を飲む時に小指を立てる癖とその心理
話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります
体をかきむしる仕草は、心理状態に緊張感を有しています
会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります
腕を袖で隠す仕草からわかる心理
会議中に退屈でふんぞり返る態度は、心理状態に反対意見があります
首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります
うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています
食事中や会話中に唇をなめる癖が出た場合の相手の心理
おでこにペンを当てる癖にみられる心理
腰の筋肉がぴくぴくする癖がある人の心理的な負担
立ってる時に腰に手を当てる癖のある人の性格とは
足をクロスさせて立つ人の心理や性格は個人差がある
こめかみに指をあてて考える癖を持つ人の性格
後ろ髪を触る癖は、こんな心理から
本の臭いを嗅ぐ行動に込められた心理的な意味
つばを吐く癖のある人の性格とは