目鼻口の癖 行動 心理

顔、目、口に関わる癖にはどのような心理が隠れているのでしょうか。

顔の目、鼻、口の行動からわかる癖記事一覧

人にはいろいろな癖がありますが、何気なく髪の毛抜くという癖をもっている人は少なくありません。自分では無意識にやってしまうという人も多いです。最初は、前髪をちょっと触るだけだったのがエスカレートして、強く引っ張るようになり、だんだん引っ張って抜くようになったという人もいます。やめたいのになかなかやめられないこの行為ですが、抜毛症という名前があります。この抜毛症の原因は一体何なのでしょうか。これは、病...

人にはそれぞれ、いろいろな癖があります。癖というのはほとんど無意識に行っている行動であり、その人が感じている様々な心理状態を反映しています。人の行動の約二割しか意識的に行えておらず、八割が無意識での行動であるとも言われています。言葉では意識的に、理性的に気持ちを表す事が出来ても、無意識の行動、つまり癖という行動にはそれが難しいので、相手の本心を見極めたい時にはその人の持つ癖をよく見てみると良いでし...

女性が男性の前で髪の毛触る行動をしたり、男性の前で髪の毛触る癖の女性は心理の中に男性より可愛がってほしい、愛してほしい、私を見て、の心理が働いています。自分を綺麗に見せたい、表現したい・・・・などの気持ちの現われで、無意識に出ている心理の行動で、特に髪をかきあげたり、髪の毛をくるくるさせる、髪の毛を触るが行動の現われです。実際に場面ごとで見てみると、好意的に思っている男性に対しては、緊張を隠すため...

 人によって、からだの動きが自然に出てしまうクセなどをもっています。人と目を合わせる時、ものを見る時に、目を細めるなども一つのクセになっている行動といえます。 目を細めるという行動の心理にあるものとしては、まず、相手を警戒している場合があります。ある意味、対象物をじっと伺い見ている状態ですので、どんな相手かを伺っている心の表れでもあります。特に、見知らぬ相手と接する時には、相手を読む事で、自分の対...

目線をそらす癖の人は一般的に自信が無い、心を読み取れれたくない、会話の流れんで記憶をたどっている。嘘を付いているなどが一般的に目線をそらす癖の代表的な心理、性格になります。此の視線をそらす癖の内、嘘や情報の情報を遮断する時などの場合を除き、目をそらす行動に、それぞれ意味を持っています。一般的には視線が上の方に行く場合には考え事をしている場合が多いです。脳の右脳と左脳にそれぞれ違いがあり、例えば、左...

会話中に相手が目をこする様子を見せたら、何か不都合があったと考えるのが妥当です。聞きたくない話が話題に上がったり、まずいことが起こったと感じている場合などに、人間はこのような目をこするしぐさをすることが心理学の世界では一説に唱えられています。このようなしぐさは、ふとした拍子に現れることが多いため意識して観察をしていると相手の本音が見えてくるわけです。いずれにしても、ネガティヴな反応と考えられます。...

まばたきが多い人の癖は、無意識の緊張や気まずい心理の現れで、まばたきが多いほどその緊張や気まずいストレスのかかった心理の深さを表しています。人は必ずまばたきをしますが、このまばたきをする人の癖でありますが、実はその人の精神状態がまばたきに合われてしまい、まばたきが多くなる傾向にあります。目の病気でドライアイなどの病気をお持ちの方、花粉症の人を除きまばたきは、普通の人は3-4秒で1回ぐらい程度まばた...

人と反す時に、目を上目遣いで話す癖の人います。この行動は、幼少期の子供がする行動のなごりで、心理的に欲求をしたい時にする行動心理がめの動きに現れてきています。人に、親に、友達にほしい欲求をする時に上目遣いで欲求をされると、少々戸惑いながらでもついつい欲求を飲んでしまいそうになります。特に男性に女性が、「このペンダントとほしい」と言われるとついつい買ってしまいます。男は単純なのですね。いや、この行動...

癖というのは、誰しもが持っているものです。自分には癖は無いと思っている人でも、必ず何かしらの癖があります。そんな癖の中の1つに「鼻を触る」というものがあります。実はこの鼻触る癖というのは、気が小さい人に多く見られるものなのです。鼻というのは人間の急所の1つでもありますので、無意識にそこを守ろうといった心理が働いているというわけです。但しこれは、喧嘩などのように実際に身の危険を感じた場合に見られるも...

鼻という部分は、表現力に関して見ると目や口と比べて乏しいと言えるでしょう。しかし、自分を指し示す際に鼻を示す場合が多いことから分かるように、自分自身という意味を持つとも言われています。また、顔の中で出っ張っている部分ですので、攻撃された場合に怪我をしやすい場所です。このことから鼻を守ることはすなわち自分自身を守ることにも繋がると言われているのです。では、この鼻をつまむという行為をする人には、どのよ...

小鼻の横を描く癖の人は緊張やストレスから守ろうとする行動をの一つです。緊張することで自分の体のどこかを触ることで、安心を得ようとすることの心理が働き小鼻の横をかく行動をします。かくことによって、体の一部に刺激が現れ精神的に感心する心理が働きます。この心理が働くことによって不安、ストレスをカバーしようとする行動です。ほかに自分の気持ちとは逆の考えが起きた時に、素直に受け入れることができず反射的に小鼻...

唇というものは何かと敏感になりやすい部位なのです。その唇の皮をむく癖を持つ人がときどき存在しています。唇をきれいに見せることは美容のポイントとなるところといわれていますが、その唇をあえて自ら傷つける行為をするのはなぜなのか、その原因は爪をかむ癖と似たところがあるといわれています。爪をかんだり唇の皮をむく癖を持つ人は、欲求不満な人だったりストレスを抱え込みすぎて満たされていない人に起こる現象とも言わ...

唇は、は食べ物を取る時、話をする時、場合により顔の筋肉を動かす時に口を開けたりしてリラックスをするなど、様々な状況で活躍している顔の中で重要な部分になります。特に人と話をするときなどは、口を動かすことで会話ができる部分が唇で、その唇が乾燥したり、荒れていたりすると歯切れの悪い会話になったり、食事をとっている時などに唇が乾燥して割れたりして大変です。そのうえで、唇が常に動かしている影響で唇を舐めると...

無意識に行ってしまう癖というものは、誰にでも結構あったりします。しかしその癖が実はその人の深層心理の表現につながっているという説もありますので、たかが癖だと思わずに、少し癖について考えてみるのも面白いかもしれません。そんな数ある癖の中でも、たとえば唇を噛む癖というものは、ストレスを抱えている証拠だといわれています。これは誰しもがストレスを感じると、無意識ながらも唇に力が入り、上下の唇を押し付け合う...

唇を触る癖は、無意識の欲求行動の現れです。普段より何気ない時にふと唇を触る行動を見ますが、気をつけて見ていないと気づかない行動で何気ない行動の一つです。この唇に指などが触れていて、触れている本人は全く意識はなく他に肌に指が触れている程度の感覚です。但し、この行動が頻繁にしている行動で人との接触している、話をしている、会合などの集団の時などに頻繁に出るようであれば、他人も指が唇に触れていることが多い...

腕組をする人でしょう。腕組には、相手に対しての警戒心や敵対心、話を聞きいれないといった心理があります。腕組をしている人を見かけると、威張っていて頑固そうな印象を受けがちですが、実は腕組には自分を防御しているといったことが働いているのです。また、腕組している位置でもその人の心理をみることができます。たとえば腕組を高い位置でいている人はより自分は偉いと思っている、また腕組が低い人は、緊張や不安を感じて...

口の中を噛む事は実は普段から結構不意にしている行動で、食べ物を食べている時、喋っている時など不意にしてしまし、時には口の中に血豆ができたり、軽い場合には口の中の皮がめくれるという経験があると思います。今回は、不意にしている口の中を偶然にも噛んでしまったことではなく、無意識に噛むという、いわゆる癖になります。口の中を噛む原因としては・ストレス・内臓器官、胃の調子が悪い時・疲れが貯まり、精神的に疲れて...

気付かないうちに歯を食いしばっている、という経験があるでしょうか。歯を食いしばることが癖になっている人は、その原因を正しく知り、予防していきましょう。まず、食いしばる原因について説明します。大きく分けて2つの要因を挙げることができます。1つ目は、物理的要因です。つまり、かみ合わせの悪さが影響しているということです。かみ合わせが低い、または高い部分がある場合、しっかり噛むことができず、脳が噛む力を強...

人と話したりしている時に、自分のあごに手を当てる、あごを触る癖に人がいます。本人は何気ない気持ちで、ふと無意識に出ていつ行動ですが、この癖もその人の心理をあわわしています。具体的には、見栄っ張り、自信過剰、オトコっぽい、権威強調、物静か。などの心理を持つ男性が多いです。この曲は女性はあまり見かけません。だんせいは特にあごヒゲなどが濃い人もおおいので、ヒゲを触る癖から来ている心理からきているとも考え...

人のあごの出し方で、人の表情を見ることができます。よく人に向かってあご出す、アゴを突き出す人がいますが、見ていて何か不自然な感じを受止めます。アゴを突き出す行動には、実は自分は相手に足して威嚇したり、偉そうにしている、いわば自分は相手より上の立場であると言う心理を示しているのがわかります。テレビでも見ていると気品の高い気持ちを持っていて、人を馬鹿にするような演技をしている俳優さんを見かけると分かり...

舌を出す癖とは。下をあっかんべ〜のように意識的に舌を出す事ではなく、無意識に下を出す行為の癖になります。その舌を出すとは、舌先を少しだけだす、舌先で上唇をペロッと舐めることものある行動で、そこ行動は場合により愛嬌がある行動のにもなりますが、舌を出す事が頻繁にある人は他人より少しだけ敬遠される場合がありますので、状況を考えます。この舌を出すこと事態は、子供の頃によく見られていた行動ですが、おとなにな...

頬杖を付く人、ぼんやりしている時や、考え事をしている時、一人で部屋にいてぼんやりしている時、テレビをなにげなく見てる時・・・・など、無意識的に頬杖を付いている人います。この行動のあらわれとしては、現行の環境や生活に満足できていなくてストレスや不安、緊張を感じていて、その感情を消化できず不安と葛藤している、いわば心が揺れ動いている時など無意識に行動しています。頬杖をつくことは、てで、あごをこていして...

耳を触る事をおとなになっても治らずに、ついついしてしまっている事あります。此の無意識的に耳を触るしぐさ、癖はどこからきているのかというと、幼少期に寂しい思いをしていた、甘えが強かった、また、甘えが足りずに常に甘え願望が合った幼少期を卒業出来ず、その幼年の深層心理が奥底に潜んでいる事が考えれれます。大抵の場合などは、幼小期を過ぎると自立して心理的に卒業できるはずができていない原因です。大人になっても...

舌打ちだけでなく癖を治すのにはかなり苦戦します。それは脳が無意識に反応してしてしまう行動だからです。舌打ちをしてしまう状況というのが必ずあるはずです。例えばいらいらしているときや少しストレスが溜まったときなど特定の理由というものが必ず存在します。そうゆう場合には他の場所に意識を集中させる必要があります。たとえばイラッとしたときには人差し指を曲げてみるとか、拳を握ったり、他の場所に意識を集中させるこ...

無意識のうちに顔をさわる癖をもつ人は結構多いものですが、その影には様々な心理状況が隠されていることがあるのです。まず髪の毛をやたらと気にしたりなでたりする人がいますが、このタイプは自己中心的で甘えん坊であることが多くなります。たしかにエチケットとして整えるというしぐさはありますが四六時中触っているのは自意識過剰です。また髪の毛を引っ張るタイプは理想が高く向上心があるものの現実がついていっていないス...

頭をかく癖は、無意識のストレス、精神的に不安、悩みを抱えている心理現れです。人の行動で頭を書いている光景を見かけますが、代表的には根をツメて会議の資料を作っている時や、時に自分の思うようにならない時に少しイライラした時に、ふと頭を書いている行動をしている時を見かけたり、している事あります。気持ち的には「あ〜っ、も〜う」のように自分の中で何かが精神的に消化が出来ずに、結果としてストレス、不安、悩みと...

 人のコミュニケーションは、色々なやり方があるものですが、その中でも少々誤解を受けやすく、反感を持たれやすいのに、本人がそれに気がつかずに気軽にやるものの中に、「気安く相手の頭を叩く」というものがあります。 これは特に、目上の男性が、目下の女性に対して行う事が多いようです。 それは基本的には、学生時代がメインのようですが、近年では社会に出てからも、平気でそういう行動に出る男性がいたりします。 しか...

人と話す時に、ふと無意識に眉を触る癖のひとはその人のある心理を表しています。眉を触るとういう行動は、言葉の中に「眉つば」という言葉がありますが、この言葉は相手の言葉や行動が信用出来ない、いい加減な時によく使われます。嘘や隠し事をしている人が自分の表情を隠したい、不安な心境の時に相手に対して心を読まれないように、バレないようにしようとする行動がついつい眉を触る行動になっています。誰しも隠し事など不安...

癖は誰でも持っていますが、顔をこするしぐさ、癖で簡単に相手の心理状態を見抜くことができます。表情と裏腹にこのしぐさをしていると相手は疲れているのかもしれません。注意して見ていると良いです。顔の中でも髪を触ったり、顔にこするようにしている方いませんか。これはかまってほしいという心理が隠されています。自己中心的で甘えん坊なタイプです。自然と方に触れたりしてあげると安心するかもしれません。また、ほほを触...

話をする時に、よく鼻をこする人を見たことがあるでしょう。鼻がかゆい訳ではなさそうなのに、会話中に何度もこすられると、相手は不思議な気持ちになったり、場合によっては不快な気持ちになるかもしれません。では、鼻をこする人はどのような心理状態にあるのでしょうか。実は、人のしぐさをよく観察すると、その人の心理状態が分かりやすいと言われています。人の感情が最も表れやすいのは表情であるということは誰もが納得する...

人の唇を触る癖を持つ人の心理についての話題が盛り上がりを見せているのは、それだけ多くの人の共通の関心事になっているからといえるでしょう。人の唇については、微妙な心の変化があらわれる部位として知られています。好きな人や気になる人と話す際には、自然と唇の動きにもその心理があらわれるものだといわれています。人間の心の変化は、自然と身体のどこかにあらわれるものとされており、常に多くの人が研究を重ねているの...

口は、会話をする場合にも、言葉を発する部分であったり、食事をする場合には、食べ物を咀嚼するという働きがあります。見た目だけではなく、機能性も多くある部位ですが、視線が集まる場合もあります。口元を触る人も見られますが、その人の性格や状況によって、現在の心理状態を読み取る事ができます。口元に関しては、触る場合には、どちらかというと、女性が多い様に見受けられます。口を大きく開けて笑うのは、女性としてはは...

耳を触る癖を持つ人は、様々な要因が働いているといわれています。例を挙げると、あまり聞きたくない話をしている場合です。こんなことを聞きたくない、早くこの場から逃げ出したいときは、無意識に逃げたい心理が働いて触っている人が多いといいます。また、単純に耳を触ることで精神的な落ち着きを得たい人の場合もあります。もともと触るのが癖の人の場合は、両親を尊敬した人格者であることが多く、恋愛面では相手に甘えがちな...

日常的に鼻がピクピク動く人の場合、顔面神経痛の初期症状や、顔面けいれん、あるいは脳腫瘍や脳梗塞など何らかの病気によって後遺症を発症している可能性があります。この場合には話の流れに関係なく鼻がピクピク動くものです。心理とは何の関係もないので、事前に確認してください。なお、顔面けいれんの主な原因はストレスが過剰にたまっていることです。そのため、鼻がピクピク動く人の場合、心理学の面から一番考えられるのは...

目元は、人にも多くの印象を与える事があります。目を見て話す、という言葉がある様に、対峙する人には、特に何かを物語っていると感じる事が多くなる顔の部位でもあります。瞬きが多い人も見られます。この場合には、特に人と対峙した時に見られる仕草になっている事があります。人と接する、会話するという場面において、まずは瞬きをする事によって、それを受け止めている状況です。心理状態としては、人と接っしたり、会話する...

頭をかく癖は、心理的現象の現れです。精神的な不安や悩みを抱えていたり、無意識にストレスになっている場合に多く頭をかく行動が見られます。自分の思うようにならないことで少しイライラしている時とか根を詰めて何かにずうっと集中している時に、ふと頭をかく仕草を見かける事があります。自分の中で思うような結果を出すことが出来ずに心理的にストレス、不安感、悩みなどを抱えているときに現れる無意識の行動です。こういっ...

商談や日常会話で眉をひそめるしぐさを見せる人はまれにいます。たまたま癖なのか、それとも心理的に何か不安があるのか、気になる人も多い話です。心理学としての発想よりも、外的要因が関係している場合もあります。前髪が伸びすぎている、コンタクトや眼鏡の度が合わないという単純なものが比較的多くいです。また見慣れないものがあるので気になる、ドライアイで目が乾くなども主な要因といえます。その場合、話とは関係なく眉...

鼻をすする人の多くは、その動作を無意識のうちに行っています。そして当然、その人は無意識にその行為を行っているので、自分ではその行為に気づいていません。あまりにも鼻をすするという動作を頻繁にする場合は、それが癖になっていることが考えられます。鼻をすする行為は、時に他人を不愉快にさせてしまう場合がありますので気をつけてほしいものですが、鼻をすするという行為は実はその人の癖になっているかもしれません。実...

顔の一部を触る行為は、人から見ても気付かれる内容です。部位によって、現在のその人の心理状態が推察できる事があります。額を触る、こする行為は、焦っている時の心理状態にある場合が多く見受けられます。何かを追求された場合、自分では処理ができなさそうな無理難題を突きつけられた時に、額を触る、こするという仕草が見られます。例えば、恋愛関係にある間柄で、相手に浮気の疑いがあり、その点を追求した時に、額を触る、...

人にはそれぞれ様々な癖がありますが、今回は「口を動かさずに話す癖」のある人の心理をご紹介します。誰でも一度は口を動かさずに話す人と出会ったことがあるのではないでしょうか。そのような癖が何故身についてしまったのか、それは”自信の無さ”からくることが多いようです。自分が話していることに自信が無かったり、話以前に自分自身に自信が持てなかったりすると、口を大きく開けてはっきり話すことが難しくなってしまうと...

一般的に目をこすると言う仕草は、眠たかったり目にゴミが入った時などに見られる仕草になります。また目に違和感があったり、コンタクトレンズがずれた時などにも見られます。これらの場合は特に問題はありませんが、話し中に目をこする仕草が見られた時にはそこにある心理が隠されています。話し中に目をこする時の心理としては、会話の内容不快感や嫌悪感を抱いていると言う事になります。この目をこすると言う仕草は目を覆う仕...

顔部分は、人からの視線も常に浴びる事になり、心の中にある気持ちが表情に出る事がよくあります。顔のパーツを触るなどの仕草によって、現在の気持ちなどが読み取れる場合もあります。特に男性によく見られる仕草として、鼻をつまみながら話す人もいます。鼻である点に着目して、心理状態を読み解いていく事ができます。鼻は、顔の大体中央部に位置しているといえます。人と会話をするなどの場面においても、相手と視線を合わせる...

顔は、もろに人の気持ちが出てしまい、相手に気持ちが読まれてしまう事もあります。特に怒りなどの感情は、特徴をもった表情になる事もあります。顔の一部が痙攣して、ピクピクする時の心理状態は、怒りなどの気持ちがよく表れている状況といえます。怒りなどの感情は、できれば隠したい気持ちをもつ事もあります。にも関わらず、気持ちとは裏腹に、顔の一部が痙攣してピクピクしてしまう状態になっています。心理状態に怒りはあり...

人と対峙した時には、互いの顔を合わす事もよくある場面です。お互いの顔を正面に向けると、相手の視線の動きなどが気になる事もあります。話し中に、白目むく癖を示す人も見られます。行う人の心理状態は、話題に関係する何かを思い浮かべているなどが読み取れます。簡単な内容であっても、直ぐには思い浮かばない様なものについて、思いを馳せている心理状態といえます。話し中に白目むく状態になりますが、癖になっている人の場...

顔の中でも、目は180度の視線がありますので、動く状態も一般的です。しかし、鼻の場合には、普通に会話などをしている時には、匂いを嗅ぐなどもないため、動かない状態のままという場合も多くなります。しかし、鼻が痙攣して、ピクピク動くという場合などがあります。鼻が痙攣してピクピク動くのは、心理状態に緊張があります。何に対する緊張であるかは、その場所、内容、相手によって違ってくるといえます。例えば、ウソをつ...

話すときには、口が動くため、口元に視線がいく事もあります。その際、下唇を噛む癖を見せる人も見られます。話すときに下唇を噛む癖は、心理状態に悔しい気持ちを有している場合があります。相手の言っている内容に対して、あるいは嫌いな相手からの言葉でも、我慢を強いられる様な場面で下唇を噛む癖などが出る時もあります。自分が話すときに、反論する形になって、自分の意見を受け入れてもらえない様な場面でも見られる事があ...

人と会話をしている時に、口がもごもご動くなどの癖を見せる人もいます。周囲にとっては変わった動きに見える事もありますが、本人の心理状態には怒りが生じているケースなどもあります。口がもごもご動く癖は、周囲の人とのコミュニケーションなどが上手くとれない場合に行う事があります。人付き合いなどが苦手な場合には、上手く言葉で自分の気持ちを表現したり、相手の問いかけに正直な気持ちを述べる事ができない人もいます。...

顔の動きは、時として周囲に大きな印象を与える事もあります。動きによっては、違う箇所が同時に顔の中で変化する場面に繋がる事などもあります。目を掻く時に、ポッカリ口開けるのは、心理状態としてかなりリラックスした状況にあります。一人の時に行っている場合もありますが、誰かと一緒に過ごしている時にも、目を掻く時にポッカリ口開けるなどの動作を見せる場合もあります。心理状態は、相手に対する、あるいは一緒に過ごす...

顔の中でも、目は特に動きを伴う部分でもあり、周囲にも大きく気持ちが伝わる場合もあります。それほど見た感じとしても、目立つ動き、印象に繋がる場合が多くなります。目をぐるぐるする癖は、心理状態に極度の緊張感を有している場合などもあります。対峙する相手に対して緊張感を抱いている場合もあります。ぐるぐるするのは、顔を合わせた時にはかなり相手にとっても驚く可能性がある癖でもあります。心理状態としても、相手を...

人と会話をする場面では、相手の顔を見るという状況にが多くあります。視線を合わせて会話をする事もありますが、場合によっては、相手の鼻を見てしまうなどの仕草が出てしまう場合もあります。その、相手の鼻を見てしまう仕草は、視線を避けようとしている心理状態も読み取れます。何故避けるかについては、心理状態に相手に対する緊張感などを有している場合があります。視線を合わすのが怖い気持ちなども、心理状態に生じている...

怒られてる時には、真剣に相手の話に耳を傾ける場面となりますが、人によって癖が出てしまう場合があります。怒られてる時に、口が動く癖を見せる人もいます。この時の心理状態は、怒られてる内容について、反対意見を有している場合があります。心理状態としては、怒られてる時であっても、違うのになという心理状態や納得がいかない気持ちが沸々としている場合などもあります。口が動くのは、実際に本人が言葉を口の中で発してい...

顔には、その人の考えている事、感じている状態などが表れる事があります。顔や頭部にある部位の動きによって、感情を読み取る事も可能な場合があります。奥歯を噛みしめる癖は、心理状態にかなり我慢をしている気持ちがあります。感情を抑制している状態であり、個人が必要としている抑制の場合もあれば、相手に対する感情の抑制である場合もあります。例えば、職場などの場合には、上下関係が存在する事になります。自分にとって...