お腹足癖 しぐさ 心理

お腹、足に関わる癖にはどのような心理が隠れているのでしょうか。

足、お腹,の行動からわかる癖記事一覧

足を組む人って比較的、大いです。ミーティング中、雑談中、カフェでの話し中、電車の中、など様々な光景で見かけます。あしを組むとは一体どうのような時にありを組み、どうのような心理の時でしょうか。精神的には、足を組んでいると精神的ん安心する、落ち着きます。それは、人は体のバランス左右に必ず対象的でなく、必ず左右のどちらかにかたむいている、歪んでいるといったほうが正解かもしれません。そのためによく利き足の...

人はふとした時に相手に対して、膝やつま先の向きに心理が出ている、心理の表れがあります。この心理が膝やつま先に出ている癖は、相手に対して感情・興味を表していて、その方向が相手に対して向かっていれば、相手に感情、気持ちや興味を相手を受け入れていいる状態を無意識に心理状態を表しています。例えば、カフエで相手の人と話をする際に正面に座っていた時に、普通であれば相手の方向に膝や足先が向かうのが普通ですが、膝...

貧乏揺すりをする人のタイプは比較的深刻に考える人が多く、深く考えない人は起こり難くといわれています。そもそも貧乏揺すりとは、読んで字のごとく、貧乏でも揺する。いわゆる時間はあるが、お金がない・・・・・実は貧乏揺すりは、時間、お金に関係がなく精神的に不安定であったり、ストレスが溜まっていた時に、無意識に起こしている癖で人に貧乏揺すりをしているといわれて初めて気づくことも結構あります。貧乏揺すりをして...

たまに靴や靴下の匂いを嗅ぐ人がいます。一見端からみると少々異様な光景と思えますが、匂いを嗅ぐ人は特別な心理、感情があるとは思っていません。この靴の匂いを嗅ぐことで、まず新品の靴の匂いを嗅ぐ場合と、履いている靴の匂いを嗅ぐとは意味合いが異なり、新品の靴の匂いを嗅ぐひとは、俗に臭いフェチになり、単に靴の匂いが好きな行動心理になります。今回は、履いた靴、靴下の匂いを嗅ぐ行動心理についてですが、男性、もし...

話している時にに自分の服の胸元を掴んでいたり、自分の襟元を掴んでいたりしている人を見かかることがあります。この行動の心理としては、幼児期の体験が抜けずに深層心理的に体験もしくは記憶的に残っているのが影響しているといわれます。幼児期に母親のミルクををほしい、愛情をほしい時に、子供は自分の親指を口にくわえて吸ったりして安心を得ています。その際に、襟元を方片方のてで襟を握り、つかむことで小指を吸っている...

世の中には、気が付いていないうちに自分のお腹を触ったり、さする癖を持っている人がいます。なぜ、自分で自分のお腹を触ってしまうのでしょう。その理由はいくつか考えられます。1つは、不安感からくるものです。深層心理では、自分でお腹を触る癖を持っている人は、自分で自分を癒す行為を無意識にしていると言われています。不安感を感じた時以外にも、疲れている時や自分に自信が無い時などにも出やすい行動です。気の弱い傾...

臭いを嗅ぐ癖というのはたくさんありますが、そのたくさんある中でも自分の指の臭いを嗅ぐ癖がある人が存在します。この自分の指の臭いを嗅ぐ癖があるというのは、身体的には特に何も問題や影響はありませんが、他人から見ると不思議に思われてしまうような行動になっています。このような癖がない人の場合、指の臭いを嗅ぐ癖があるとうのは理解がしにくくなっています。指の臭いを嗅ぐ癖がある人の心理としては、人によっては爪の...

手先は、何か作業をする時にも便利に使われますが、その分匂いなどが発生する事があります。手の匂いを嗅ぐ癖をもつ人も存在していますので、そこから心理状態を探るなども可能になります。手の匂いを嗅ぐ癖は、心理状態に潔癖症な部分を擁している可能性が窺われます。手は、毎日の生活の中でも、作業を行う事が多くなるからだの部位でもあります。様々なものを手にする機会も多く、どうしても手の匂いなどが発生する状態になる事...

人は無意識のうちにしている仕草や癖というものがあります。例えば、話をしている時に髪に触る癖がある人、指をはじく仕草をしてしまう人など、癖や仕草は人によって多種多様です。緊張している時やストレスを感じている時、集中している時や気が抜けている時など、様々な瞬間にそれはあらわれます。これらの仕草や癖にはその人の心理というものが隠されている場合が多いのです。好意を持っている相手や、好かれたいと考えている相...