話し方 笑い方 癖 心理

話し方、笑い方からわかる癖にはどのような心理が隠れているのでしょうか。

話し方、笑い方からわかる癖記事一覧

何かとストレスの多い社会において、ストレス発散は必須の能力。会社の採用面接ですら、ストレス発散方法を持っているか聞かれるほど重要視されています。スポーツやアロマ、映画鑑賞、旅行など、ストレス発散方法はいくらでもありますが、それがいつでも行えるかと言えば、そうでもありません。どうしても溜まってしまったストレスや、上手に発散できない人はどうするのかと言うと、独り言を言うのです。独り言には、緊張をほぐし...

周りの人で、一人で思い出し笑いをしていたり、一人笑いが多い人がたまにいます。当本人は、実は自覚症状がなく笑っていて、当本人に後で聞いても自覚症状が無いことが多いです。一般的には、脳の中で空想やある出来事を思い出し、自分の中で話のストーリーがながれ、そのストーリーの中の面白かった内容について笑っている、空想の中の出来事です。特に意味もなく笑っていますので、周りの人から見ると時折気持ち悪く思うこともし...

人が面白くて笑う事は、日常生活においていろいろな場面でありますが、その笑い方に実は特徴があり笑う人の心理も働いていると言われています。その笑い方には実際にどのような笑い方があるのでしょうか。@小さい小声で笑う、曖昧な笑い方をする。このパターンの場合には、笑う本人に笑うべき内容がいまいち理解にができていない、内容に対して好意を持っていない、内容に対して意見がない、などの理由で自信がないので、曖昧な笑...

普段の会話やなどで話しているときに「ここだけの話しだけど」と前置きをして話す人います。特に二人きりなど、少人数の時に出る傾向があり、この癖、心理は自分に対して視線を向けてほしい、自分に興味を持ってほしい時の心理が働いたときに出る行動、発言で自分を認知してほしい心理が働いた時におきています。こういう話し方をされた方は、何を話すのかと思わず興味津々になります。この行動発現は 「無責任の自己顕示欲」 が...

人と話していて、自分の意見を主張すつ時に無意識に「だから」、「つまり」を何気なく使って相手と話している場面の経験ないですか。この言葉の心理として、話をしているときに「だから」を使う人の心理として、よく「だから」こうなるとか、「だからこうなる」、相談している時に、「だから」、といって話を聞かずに言い捨てる、などを使う人がいます。この言葉は、自分がすでに話した内容をあえて強調して再度主張をするときの心...

会話や講演の中で同じ言葉を繰り返す方は、一般的に物事を完璧に仕上げたいという心理が強い傾向があります。自分にも相手にも事実を確認しなくてはいられないため、このような同じ言葉を繰り返すという行動をとってしまうのです。こういった癖のある方は、日常生活や仕事においても常に完璧を追求します。自分のみならず他人にもそういう態度を求めることがあり、時に周囲からは煙たがられることもあるのです。また人一倍慎重な傾...

真面目な話や深刻な話なのに笑いながら話す人の心理とはどのようなものなのでしょうか。表情の持っている役割は大きく、同じ話でも無表情と笑顔では伝わり方が変わってきます。笑顔で話した方がポジティブに相手に伝わりやすいとも言われています。一方、悲しみを表現したい時は悲しい表情をした方がその悲しみが伝わりやすくなります。そのため、真面目な話であれば真面目な表情で、深刻なら深刻な表情で伝える方が良いでしょう。...

人間誰でも、人から褒められたり、特別の人と見られたいとお思う気持ちは持っています。但し、褒められ、特別視をされるとことが精神的に満足している、ナルシストにようなものかもしれません。人から特別視をされたい気持ちが優先され、すごいドレスをかった。高級車を買った。人より早く勉強、仕事が出来る、自分の祖先はすごい人。など、聞いてもいないのに自分の環境下の話をペラペラはなし続けて、こちらから話を止めないかぎ...

友達になって相当時間が立っている友人や、会社に同期で入社した人、サークルで知り合いになって相当時間が立っている人との人間関係で、いつまでたっても、よそよそしく他人行儀で気軽に話ができず、ついつい表面的な話でおわり、何かしっくりこない、話が続かず調子が狂ってしまう場合で、その原因が常に敬語を使い、仰々しい。人として別に嫌いでもない、良い人なのに話し方が常に敬語で話をするために、話しづらく、堅苦しい人...

人と話している時、または話し始める時についつい早口で話しは話し始める人がいます。その無意識で早口で話しは話し始める時の心理は何か精神的に優れているか、何か焦って居るように感じる時があります。頭の回転が早い人の場合には、思いついたことをスラスラと話しは話し始めることがあり、賢い、頭の回転が早く感じる事があります。実際には賢く、頭の回転が早い人もいます。今回はこの頭の回転が早い人というよりも、精神的に...

電話中に何かの紙に落書きをしながら話している姿を見かけるとあります。話しながら丸を書いて見たり、何か死呪文のような意味のない矢印のような文字を書いたりしていることのことです。この行動の癖は、はなしている内容や相手に対して必要なこと以外を言わないようにする自衛的な意識が働き、無意識に紙落書きをしています。話に夢中になっていたり、注意深い話を聞いているときはこのような行動は出ません。また、話をしている...

年齢によって、就学時期なども決まってくるため、かなり長い期間、年齢が同じ人たちと共に勉強をするケースも多くなります。社会人になっても、年齢が違うと、自然と相手に配慮してしまう事はよくあります。年下の人が、敬語を使う場面は、やはり相手の年齢などを意識している心理状況が窺われます。相手が年上の場合には、相手を敬った気持ちが、敬語を使うという状況を呼んでいます。特に職場など、仕事を通じた場面では、年下が...

質問に質問で返す人は、世の中にたくさんいます。これは何となく癖でそうしてしまう人もいる一方で、裏に問題を抱えている人もいます。では、質問に質問で返す心理とはどのようなものなのかと言えば、まず問題をすり替えようとしている可能性があります。これは自分が直接関わっている事柄だからそうするとは限りません。自分に近しい位置にいる人や、責任問題を追及したら、所属組織そのものが揺らぐという場合にも、そうすること...

口の中を噛んでしまう癖の人は、自分でもどうして噛んでしまうのか理解していない人が多いです。無意識のうちに口の中を噛んでいることもあり、口の中を噛むと落ち着く人もいます。噛みすぎて皮膚が剥けていたくても噛んでしまったり、血が出るまでひどく噛む人もいます。噛んでしまう癖をやめたくてもどうしてもやめられなくて悩む人もいます。噛んでしまう癖が心配になって病気を疑う人も少なくありません。噛んでしまう癖の人に...

歯は、人と対面して会話などをする時にも、見える部分でもあります。特に気にしなければ、過ぎてしまう場合もありますが、話し中に歯を触る癖を見せる人も見られます。話し中に歯を触る癖は、心理状態に周囲を気にしない部分があります。歯を触る行為は、口の中に存在している歯に手や指先が行く事になります。口の中の状態を敢えて人にも見せている状況にもなりますので、かなり個人的な部分が晒される状態でもあります。心理状態...

会話は、話すばかりでなく、相手の話を聞くなどの場面も存在します。時間が経過してくるに従って、癖などが出る場合もあります。話しながら指を揉む癖は、心理状態に時間を持て余した気持ちなどを有している場合があります。仲の良い関係性の人とは、仲間としての意識がまず存在します。その上で、話しながら指を揉む癖が出るのは、心理状態に相手に対する親しみの感情を有しているなども読み取れます。唯、仲間との会話の場合には...

指輪は、女性が身に付けるアクセサリーの一つでもありますが、既婚男性でもしている場合は多く見受けられます。話す時、指輪を触る仕草をするのは、心理状態に不安な気持ちを有している場合があります。貴金属は、魔よけの意味で身に付けている人もいます。石の種類によっても、金運を呼び込むもの、魔よけなどの意味をもち、効果を期待して身に付ける人たちも存在しています。不安な気持ちが心理状態にあると、指輪を触る仕草によ...

普段同じ行動パターンをとってしまう事がありますが、本人は何気なくやっている事でも、意味をもっている場合もあります。現在、どの様な気持ち、気分でいるかなどがいつもの仕草でわかってしまう事もあります。いつも手の甲を見るのは癖になっている人もいます。手の甲は、長袖の状態でいると、特に肌が露出する部分となります。女性と男性とでは、多少心理状態が違ってくるといえます。女性で、いつも手の甲を見るのは癖になって...

手の平などに無意識で指文字を書いている人がいます。多くの場合は、不安や孤独、緊張などネガティブな感情を抱いている時に表れます。そのため心理としては、悩みを抱いていることを示しています。また、ストレスを感じていることを示している場合もあります。指文字を無意識で書いている人の心理は、落ち着きがないということです。手は、気持ちを伝えるツールだとされています。つまり、感情は手に出やすいということです。指文...

日々の暮らしの中で、何かの動作にともなって、自然に言葉を言いながら動く人がいると思います。「よいしょ」と言いながら動く人も、その様なことの一つではないでしょうか。この言葉を言いながら動く人々の心理になぞらえた面白く深い事柄が含まれているように思えてなりません。まず、この「よいしょ」を言いながら動く人の心理模様として思い浮かぶことは、単に体を動かすのが面倒で、つい発してしまうものの心理。もうひとつの...