ドカ食い 癖 心理

ドカ食いを癖にしている人の心理

スポンサーリンク

ドカ食いを癖にしている人は近年では増えています。
これは安くて美味しい食品が増えた影響もありますが、ストレスなどにより過食に走る人も含まれているためです。
では、何故ストレスを感じていると過食してしまうのかと言えば、それは副腎が傷んでいるからです。
副腎とは人が疲れを感じているときに、糖分を必要とし、人体に重要なエネルギーを供給するための臓器です。
そしてその副腎は心理的な影響を受けやすいところなのです。
ストレスで機能を損ない、尚且つ身体に糖分をとるようにと、謝ったシグナルを送ってしまうのです。
その結果、人はドカ食いに走ります。
そしてこのときに好んで摂取されるのが、すぐにエネルギーに変わるお菓子ということが多いのです。
そしてこれをやると、また心理に大きな影響を及ぼします。
食べた直後は明るい気分なのに、少し時間が経つと落ち込むものだから、前回同様にお菓子を大量摂取する必要に迫られます。
そしてそれがいつしか癖になってしまうのです。

スポンサーリンク

では、癖になったドカ食いを治すにはどうすればよいのかと言いますと、食べるか食べないかを選ぶのではなく、食べ方を考えるようにすればよいのです。
これは極端な食事制限がストレスになることに根付いています。
そのため、どうしても何かを食べたいという衝動を抑えられないのであれば、糖分とカロリーが控えめの食品を口にするようにすればよいのです。
具体的に言えば、菓子パンやスナック類の摂取をやめ、豆乳や糖分を含まないチョコレートなどを食べるようにしましょう。
また、ストレスを適度に発散させることも大切です。
これは没頭できる趣味を見つけることにより、気が紛れるため、気がついたら食事量が減っていたという事例が数多く見られます。
自分の力では心理的にそれをやるのは難しいと感じたら、専門医の診察を受けるようにしてください。
これはドカ食いが心の病が原因で引き起こされている可能性があるからです。
素人判断で済ませるのは危険だということを意識しておきましょう。

スポンサーリンク