話したくない時 サイン しぐさ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ、8パターン

スポンサーリンク

友達と話している会話の時や、商談、デートの時などに出るしぐさで、このしぐさが出た時は、実は話したくない時のしぐさ、サインです。
このようなしぐさやサインが出始めた時は、話を早々に切り上げるほうがお互いに嫌な気分にならないので、関係維持のために知っておきます。
1-咳払いを始める
風邪を引いていないにもかかわらず、わざとらしい咳払いをし始める時は心理的に「もう話を聞きたくない」「拒絶反応」の時のしぐさ、サインです。
時として、拒絶反応以外で相手の話に異論があったり、異議がある心理のときに咳払いをするケースもあります。
2-髪の毛、耳を触りだす
話をしている時に、相手の人が髪の毛や耳を触り始めるしぐさやサインが出始めた時は、相手の話をやめさせたいとの心理が働いています。
時として、女性の多いのですが話しながら髪の毛を触る癖や、話をしているときに自分の顔部位を触る癖の人はこの場合になりません。
同一の心理が働いている行動のしぐさ、サインとして、頭を書き出す、鼻の部分を指で掻き出す行動も同一の心理が働いてます。
3-一度に、うなずきが3回以上出始めた時
うなずきの回数が急に増えた時は、話を切上てくれないか、面倒担ってきている心理が出始めたしぐさ、サインになります。
返事も「はい、はい、はい、・・・」など、生返事が多い場合も同一の心理です。
4-意味のない行動をし始める、ものを急に触りだすしぐさをし始める
意味もなく落書きをし始めたり、ものを常に触り始めるなどの行動を始めた時は、話を聞きたくない心理のしぐさ、サインです。

スポンサーリンク

5-時計などで、時間を急に気にし始めるしぐさ
時間を気にしている時もありますが、相手の人が急に時間を気にし始めるしぐさ、サインをし始め、時間を気にする頻度が急に多くなってきた時のしぐさが多くなってきた時は、この話したくない心理のしぐさ、サインです。
あたかも時間が気になっているようですが、本当は時間ではなく、話を切上てくれないかな・・と思っている心理からのしぐさ、サインです。
6-すぐに席を離れる行動が多くなってきたしぐさ
会議などの時はあまり無いですが、普通に人と話して着るときに、頻繁に理由をつけて席を立つことがあった行動が出てきた時は、話を聞きたくない心理が出ています。
「ちょっとトイレに」「ちょっと電話を」などの理由で席を立ち始める行動の時。
7-相手の言葉に「とにかく」が出始めた時
話している時に、相手の人からの言葉で「とにかく」との言葉が出始め、「とにかく」が不自然さがある場合にこの話したくない心理のが働き始めた心理のしぐさサインになります。
8-相手の顔みず、下を常に見始める時
人と話して着るときは相手の顔を見て話をするのですが、相手の人が下を向いて、かつ、何かを無意識に触っている時などの行動をし始める時で、相手の人質問にも、空返事の時が話をしたくない心理になります。
以上のように、相手の話したくない、聞きたくない時の代表的なしぐさ、サインです。
ただし、最終的には相手の表情や、状況を確認しての判断になります。
今回のパターンを知り、お互いに気まずい、嫌な気分にならないように早めに相手の心理を知ることが得策です。

スポンサーリンク