鼻糞 食べる 心理

鼻糞を食べることが止められない心理

スポンサーリンク

「鼻糞を食べてしまう」一番の原因は、鼻糞に塩分が含まれるからです。
例えばマクドナルドのポテトや、ポテトチップス、枝豆、塩さば、などのしょっぱいものは、大人も子供も本当に大好きです。
それと同じ感覚で、鼻糞を食べる人は「美味しい」と思って食べ始めるのです。
人間は「美味しい」と思う物は食べて続けとしまうものです。
たいていの人は駄目、親からのしつけや大人になるにつれて成長する「理性」や「自制心」によって「鼻糞は食べてはいけない」と思い、食べることを止めます。
しかし食べ続けてしまう人は、成長の過程において、正しくしつけされてなかったり、理性や自制心の欠如が起きたときに食べ続けてしまう癖がついて、いつしかそれが日常の癖になってしまうのです。
大人(小学校の高学年)になっても食べてしまう人は「美味しい」という感情からくるものではなく、鼻をほじって口に運ぶという、この一連流れが癖になってしまっている人が多いのです。

スポンサーリンク

もちろん、大人になっても食べてしまう人は「汚いもの」「食べるということは恥ずかしい」という事を分かった上で、隠れて食べている人達ばかりです。
大人は自制心や理性は成長しているので、人前で食べることはありません。
しかし、一人になってリラックスした時に、気付くと癖として出ているのです。
これは人前でもしてしまう癖とは違い、リラックスした状態の時に発生する癖です。
しかし大人の人でも電車内で鼻糞を食べているような人は、一連の動作を無意識の中で行っているからなのです。
では「心理」はいつごろ変わってくるのかというと、遅くとも小学3年生くらいです。
人前で食べる事が「恥ずかしい」という気持ちが現れて、隠れて食べてしまうのです。
しかしこの時はまだまだ「美味しい」という気持ちであることが多い様です。
しかし、高学年になる頃には、すでに「美味しい」という気持ち半分「鼻をほじって口に運ぶ」という動きが癖になってしまっていることがあります。

スポンサーリンク

関連ページ

人の後ろを歩く心理について
ポケットに手を入れる癖、心を隠している!
帽子をかぶる人の心理について
あなたの咳払いは癖ではなく病気かもしれない。
電話の際に、コードを指に巻き付ける癖
相手が服に触る、直す癖の心理とは!
飴を噛む人の性格について
ストロー噛む癖に秘められた深層意識
領収書、切符をすぐにクシャクシャにする癖の心理
ネクタイを人前で直す癖、自分をどう見ているか気になっています
グラスの持ち方でわかる、彼のご機嫌度をチェック
車を運転すると性格が変わる癖、理性が外れた本当の自分です
結婚指輪をしている人、几帳面とは別に嫉妬深い心理を持っている
髪型頻繁に、しょっちゅう変える人は注目を浴びたい人
耳かきをする人の癖、ストレスの影響。快楽感を求めている
相手と話す時の足の向きの心理状態
耳の触り方やしぐさに見える心理
ニキビを潰す癖がある人の心理状態
爪垢の匂いを嗅ぐ癖、その心理
気持ちの照れ隠しで頭叩く癖は、素直さのある心理状態です
人の耳かきが好きの癖になっている心理状態は、拘りをもっています
かかとを掻く癖は、ストレスを感じた心理状態が読み取れます
帽子を深くかぶる心理とは
口の横に指を当てる癖の心理とは
人前で髪の毛を抜く癖は、心理状態に緊張感があります
髪型をめったに変えない人の心理状態は、拘りがあります
鼻と口を隠す癖がある人の心理
抜け毛などをいじる癖についての心理