隠れて 舌を出す 心理

隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです

スポンサーリンク

舌を出す心理には、好意を表す場合と拒絶している場合の2通りがあります。
全く逆の感情表現となりますが、その行動を起こす場面や状況によって説明することが可能です。
一般的に、舌は他人に見せたくない内側の部分です。
従って、この舌を見せるということは相手に気を許している、好意を寄せている証拠といえます。
会話の途中で舌を出す行為は特に女性がその様な行動をする場合には自分の一部を意識してみせていることから性的なアピールともいえます。
しかし、隠れて下を出す場合の心理はこの様な行為とは逆の感情となります。
まず意識的に舌を出す行動には、嘘をついている心理があるといわれています。
通常嘘をつく場合に、自分自身ではそのことが分かっています。
平静を装うと口の中が緊張で乾燥するため、舌を出すしぐさをすることが多くなります。

スポンサーリンク

状況的に言えば、隠れて舌を出すという行動は拒絶心理若しくは拒否反応を意味します。
この時の表情は、いわゆる「あっかんべー」の表情となります。
例えば、赤ん坊がミルクを飲みたくなくなった時、この表情をしますが、これは母親に対しミルクを飲むのを拒絶していることを意味します。
また、この表情には、拒絶意外に相手をからかったり軽蔑する意味もあります。
子供のころの「やーい、こっちまでおいで」というからかい文句の時もこの表情となります。
目の前で舌を出す行為であればこれは好意的と捉えても良いと考えられますが、隠れての行動となると明らかに拒否の心理となります。
もう一点、目の前で行わないという事は、状況的にその人自身に後ろめたさがある時です。
相手に隠し事があるか、自分自身に嘘があるといった状況の場合に、隠れて行う事が多くなります。

スポンサーリンク