おでこ ペンを当てる癖 心理

おでこにペンを当てる癖にみられる心理

スポンサーリンク

人によって多くの癖がありますが、その中でよく見られる行動の1つにおでこにペンを当てる癖があります。
勉強をしている時や仕事中など、気が付くとおでこにペンを当てる癖がでる場合が多くあります。
おでこにペンを当てる癖がある人は、ペンだけでなく手でおでこを触ったりこすったりといった行動もよく見られます。
この行動を起こす心理として、考えられいるのが焦っている状況があります。
仕事の時など締めきりに追われている時などは、特に焦りを感じながら作業が行われます。
そんな時に心理的に早くしなくてはという焦りが生まれ、自然とおでこにペンを当てる癖という行動が表れます。
勉強をしている時の心理としては、試験勉強が思うように進まないといった焦りからみられる行動になります。
またおでこにペンを当てる癖の刺激によって、自分自身で不味い状況だということを自覚しているともされています。
落ち着きたいという心理よりも、どうしようかと焦る気持ちがおでこを触るという行動になります。
焦った状態では余計作業にも支障がでるので、その癖が出た時は一度休憩をいれるなど気持ちのリセットを行うなど工夫すると良いです。

スポンサーリンク

おでこにペンを当てる癖として、気持ち的に焦っている状況が心理的に働いているとされています。
それ以外の意味として、心理的に集中しているという時にもおこる行動とされています。
集中によってペンを当てる癖が出た場合は、集中しすぎて意識せずに起こす場合が多いです。
焦りを感じている場合は自分で癖を自覚している事が多いですが、集中している場合は自分で癖を自覚していない事が多いと考えられます。
集中している時にペンを当てる癖がでる原因として、気持ちを休憩させたいという心理が働いているとされています。
仕事や勉強などを集中しているなかで、おでこに触れる事でブレイクしたいという行動ともいえます。
集中しすぎてしまうと身体的にも心理的にも負担が大きくなります。
自分の自覚がないままにこの癖が出た事に気が付いた時は、身体を休めるタイミングだと知ることができます。
その時は一度席を外して小休憩をいれるなど、身体と心を一度リラックスするようにします。
また自分以外でその癖が出ている人を見かけた場合は、一声かけるなどして休憩を促すなどすると良いです。

スポンサーリンク