話し中 ピアス 触る 癖 心理

話し中にピアスを触る癖は心理状態に几帳面な部分があります

スポンサーリンク

からだの一部を飾るものとしては、アクセサリーがありますが、ピアスなどで耳に穴を開けて利用している人も見られます。
話し中にピアスを触る癖は、心理状態に几帳面な部分を擁している事があります。
ピアスの場合には、耳を飾るなどの装飾品でもあり、自分の印象を良くする目的で身に付ける場合も多くあります。
話し中に触る癖が出るのも、心理状態に耳にどんな状態で付いているかが気になっていると推察されます。
装飾品を身に付けた場合にも、身だしなみとしての意識が心理状態に発生している可能性もあります。
話し中にピアスを触る癖が出るのは、行う人の心理状態として、その場を持て余した気持ちがある場合もあります。
例えば、仲の良い友人との話し中であっても、自分の関心の無い話題が続いた場合には、変化を求めている場合もあります。
ピアスを触る癖を行う事によって、場を持たせている状態でもあります。
心理状態には、他の事などを考えている可能性も窺われます。

スポンサーリンク

話し中にピアスを触る癖は、心理状態に話題に対する考えをまとめているなどの場合もあります。
相手との会話をしている時には、意見を求められ、返答が必要になる場面があります。
即答できる状態ではなく、やや考えを必要とするなどの場合に、ピアスを触る癖が出る事もあります。
癖ですので、行う人にとっては日常的に行っている事が多いですが、話し中に行う場合には、話の内容などが関係している場合もあるのです。
話し中にピアスに触るのは、心理状態として、相手を意識している場合があります。
異性との話し中の場合には、相手に対する好意などの表れになっている事があるのです。
触る動作は、耳の部分に手がいくため、顔がやや傾いたり、真正面の状態から変化する場面へと繋がる事もあります。
相手を意識しているために、何か自分の身に付けているものに触りながら、相手と一緒に過ごす場面を乗り切っています。
心理状態には、相手に対する好意と、一緒に過ごす緊張感などもあり、複雑な気持ちが交差している場合があります。

スポンサーリンク