人前 おならをする 癖 心理

人前でおならをする癖のある人とその心理

スポンサーリンク

人前で平然とおならをする人が時折見受けられます。
これは単なる癖や性格だと思っている人が多いのですが、実は深層心理に絡んでいる部分があるのです。
では、その根拠は何かと言いますと、緊張関係にある人の前で、おならをする人は殆どいないことです。
これは親しい間柄にある人や家族の前でしかないとできないことだと解釈すれば、その理解は容易になります。
単なる癖なのであれば、誰彼構わずおならをするものですが、友達や家族の前でしかそれをしない人は、心理的にそれを使い分けていると言えます。
これは言い方を変えれば、全幅の信頼を寄せている人の前でしかできない、リラックスの証でもあるのです。
そのため、家族でも緊張関係にある場合や、厳しい上司を前にして平然とおならをする人など、まず見かけることがありません。
人前で一般的に恥ずかしいと感じられる行為をする人は、安心感からそうしていると解釈して差し支えありません。
信頼関係を計る目安になります。

スポンサーリンク

では、誰の前でも気にせずにおならをする人はどのような心理状態にあるのかと言えば、人間に一切の恐怖感を抱いていないのです。
これは癖を通り越して、そういう人柄なのだと言えます。
いわゆる大人物には、人前で粗相をしても気にしないという傾向があります。
彼らは自分が気にしていないのだから、相手もそうなのだろうと考えるものなのです。
おおらかだとも言えます。
過去のつらい経験などがそれをさせている場合もあります。
こちらは恐怖心を覚えないというのではなく、それが麻痺しているのです。
そのため、誰が注意しても改まることはありません。
このように、単なる癖に見えるようなものにも、人間の深層心理が見えるようになっています。
人前でおならをする人が身近にいるのであれば、人間観察の勉強をする際に便利なので、有効活用してみるとよいでしょう。
本を読むだけでは分からない事柄は世の中にはたくさんあります。
人間関係を計る物差しは、各自で身につける必要があるというのを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク