人と話す 手の握り方の癖 心理

人と話す時の手の握り方と心理状態について

スポンサーリンク

人と話す時に手の握り方によって、その人の心理状態が推測できるケースがあります。
例えば、他人と会話をしていて顔が笑顔であっても、両手を強く握り拳をしている場合は、その相手に本当には心を開いていない可能性が考えられます。
なぜなら、手の平を握るという仕草は相手に対して心をガードしていると心理学的に考えられているからです。
また、人と話す時に手の平を相手に向けている場合は、その相手に対して本音で会話をしている可能性が高いと推測されます。
一般的に人間は、心を開いた相手に対して手の平を見せる事が多いからです。
また降参をするポーズでも、手の平を見せる仕草が多いことは、相手に対して隠し事がないという意思表示の現れであると考えられます。
また人と話す時に、相手の手の握り方に注目をした場合に、その相手の心理状態がわかるケースとしては、相手が例えばハンカチなどを強く握っている場合などのケースは、心の中で悔しさや哀しみの感情を抑えていると推測することができます。
手の握り方が強ければ強いほど、内心の葛藤を抑えている可能性が高くなります。

スポンサーリンク

人と話すときに、相手の手の握り方に注目をすると、その相手の心理状態が推測できるケースがあります。
手の握り方として、両手を柔らかく握っている場合は、それが商談や営業である場合は、相手と円滑なコミュニケーションを取りたいという心境であると推測されます。
また他人と会話をしているときに、手振りの動作が大きい人は、感情的であり、他人に対しても情が厚いタイプが多い傾向があります。
なぜなら、自分の思いを相手に伝える時に動作が大きい人というのは、相手との共感を求めるタイプが多いからです。
また、人と会話をするときに手の握り方に注目をして、相手が両手を背中などに隠している場合については、隠し事が多い性格であると推測されます。
手というのはその人の心理状態を反映させる側面があるために、手を隠す行為というのは自分自身の本音を隠したいという心理状態があると推測されます。
また他人と会話をしている時に手をリラックスさせている人は、心の中もリラックスしていると推測されます。

スポンサーリンク