アクセサリー アッピール 注目 心理

アクセサリーでわかる、注目してほしい部分のアッピール心理と癖

スポンサーリンク

人がアクセサリーをつけることは、多かれ少なかれ自己アピールをしたい、人とは違うように見せたい、きらびやかにみせたいなどの心理が働いています。
アクセサリーは、服や本人にとって本来つける必要性がない装飾品のようなものです。
その必要性のない装飾品をつけるも目的は、先ほどの自己アピールを、人とは違う目立つ、エレガントを主張したい気持ちを持っているからです。
この装飾品と本人の心理とを見てみると、本人が自己の中で自分に対して相当の自信を持っているか、自信がないがためにアクセサリーに頼ろうとしているかのどちらかの心理が、大なり小なり心理の根底にあります。
また、装飾品をつけているところに相手の注目を集めたい、気にしてほしい心理が働いている行動の心理です。
アクセサリーをつけているところには、実は本なりに何かのこだわりがあり、自分本人の中で気にしている、大事に普段よりお手入れをしているなどの部分で、実は相手に見てほしい部分と心理的に表現していると同じです。
たとえば、女性の胸元につけるペンダント、ネックレスや、女性の胸元を見せる思いと、異性である男性から胸元を見てほしい深層心理が働き、男性をひきつける思いが絡み合っています。
女性はそれなりに、服装も胸元が多少開き気味の服装で、男性からの視線を集めたい、自分を見てほしいとの気持ちの現れです。
ほかに、耳につけるイヤリングなども同様で、心理敵に視線をあるめる気持ちが入っています。

スポンサーリンク

女性は誰でも、美しくいたい、きれいに見られたいと思う気持ちは当然ですので、アクセサリーは自己アピールとして必要不可欠です。
トータルコーディネイトとして、社交の場の質でもアクセサリーの質も当然変えて生きまので、その時々でのアクセサリーを変えますので、女性の心理には場の雰囲気、異性への好感度などがいろいろと関係しています。
男性も女性がアクセサリーをつけていることに気づいたときには、多少大げさにアクセサリーをほめてあげる、また、女性のアクセサリーがついている部分をほめてあげる、など声をかけてあげることで、女性はうれしく思うものです。
ほめられて、いやな気分になる人はいないですし、ほめることでお互いに話しやすくなりますし、会話も弾みます。
きっと、お互いの距離が短くなりますので、男性はやさしさを伝えるべきためにも、女性のアクセサリーを普段よりほめることを、心がけます。
海外では、男性は女性にそこまでほめるか、と思うほどほめます。
これは普段よりの生活習慣が日本と海外では異なるので多少仕方がないのですが、極端には女性を何でもほめることは、男性のアッピールでもあります。
これは、デートのときでも同じで、女性のアクセサリーに対して、ほめることは女性から見ると男性は気にしていると感じます。
ぜひ、ある意味「ほめ上手」になれるよう、男性も心がけをします。

スポンサーリンク