癖 しぐさ 行動 心理 原因

癖。人から言われて初めて気づく事。その心理と原因は。

スポンサーリンク

癖は人から見て、不思議な行動であったり、嫌な思いをさせていることがありますが、実際にはどのような事があり、どこからきているのでしょか。癖には大きく分けて、
癖は気づかずに無意識にしてしまっている行動と縁起を担いで意識的にしている癖などいろいろとあります。
その中で、
<無意識にしている癖>、
・口に常に手を当てている
・顔の一部を常に触っている
・唇を噛む
・歯を食いしばる
・指を噛む、爪を噛む
・髪の毛を抜く
・髪の毛を常に触っている、指で髪を巻きつけている
・鼻の下をいつもこすっている
・貧乏揺すり
・笑いながら、人と話す
・舌打ちをしている
・人の常に後ろを歩く

・話す時に、相手の顔を見て話さない
などのような行動が癖としてよく見かけ、数えられ無いぐらいの種類が実際にはあります。

スポンサーリンク

<意識的にしている癖>
・朝起きた時に必ず同じことをする
・靴を履くときの、足の順番(右から、左から履く)
・足を出す順番を決めている
など、癖と言うより縁起を担ぐ為に他人から見ればくせに見えても、意識的に行動をしていることもあります。
この場合は、自分の中で決めて行動しているので、癖と言うよりは縁起を担ぐ目的の為に人に迷惑をかけないようであれば、いいのではないでしょうか。
無意識にの癖は、
人はだれでも7つの癖を持っていると言われていて、「無くても七癖、有って四十八癖」と言われているように大なり小なりの癖ま皆持っています。
それも、自分が気づいていないことが多く、その心理がどこからきているのか、その癖は他人から見て違和感を与えている場合や、嫌な思いをさせていることがたまにある為に直した方が実際にいい場合があります。
ここで、一度自分の心理を改めて確認して、直した方が良いと思えるものは頑張って治します。
人って思っていても、なかなか口に出して教えてくれるケースは無いので、気づいた時点で治すのが一番です。

スポンサーリンク