後ろ髪 触る 心理

後ろ髪を触る癖は、こんな心理から

スポンサーリンク

行動から自身や他者の心理を読み取ることができたら、人間関係を円滑にできるかもしれません。
女性でも男性でも、自身の髪の毛を触る癖のある方は少なからず居るでしょう。
出かけ際のセットが気に入らなかったのか、はたまた風や動きで髪が乱れたのか鏡や窓ガラスに映った姿を見ながら前髪や横髪、後ろ髪を触る光景は、誰しも一度は目にしたことがあるはずです。
また、鏡や窓ガラスに映る姿を見ずに、後ろ髪を触る癖のある方もいます。
自身の髪の毛を触るという心理のひとつに、安心感を求めて居るという考えがあります。
前髪や横髪、後ろ髪問わず、無意識に自身の髪の毛に手が触る方は、髪の毛に触れることで一種の安心感を得ているようです。
髪の毛に触れて指先からの刺激を得ることで心が安定し、緊張がほぐれたりストレスを軽減できたりとプラスの効果が期待できます。
また、リラックスしているとき無意識に髪の毛を触ることが心地良いと脳が記憶し、そのときと同じ状況をつくることで脳がリラックスした状態を再現できると感じているのではないかとも考えられます。
よく女性が無意識に、後ろ髪をクルクルと指に巻きつける仕草も、安心感を求めているサインなのかもしれません。

スポンサーリンク

そもそも髪の毛に触れるとなぜ安心感を得ることができるのか、疑問に思うかもしれません。
髪の毛の触れ方によっても違いはあるのですが、ここでは大きく分けて2つのタイプについて記述します。
ひとつめに、後ろ髪を優しく触るタイプの心理です。
指先に後ろ髪をクルクルと巻きつけたり、手や指をブラシやくしのようにして優しくとかしたり、弱い刺激で触る場合には、頭を撫でてもらうような効果があると考えられます。
つまり他者に甘えたい、甘えることで安心感を得たいという心理が読み取れます。
後ろ髪を触る癖のある方の多くは他者に甘えたい欲求があり、後ろ髪を触ることと頭を撫でてもらうことがリンクし、まるで他者にそうされているかのように錯覚することができます。
可愛がられたい、慰めてほしいという心理が隠れているのです。
ふたつめは、後ろ髪を引っ張るまたは抜いてしまうように、強い刺激をともなう触り方の場合です。
後ろ髪に限らず眉毛やすね毛など体毛を抜くことで、ストレスを発散し安心感を得るという方もいます。
体毛を抜くという行動の心理には、毛を抜いたときの刺激を快感と感じ、ストレスを軽減する効果があると考えられています。
無意識にしてしまう行動から、自身はもちろん相手の心理をも読み取ることができるのです。
心理学に基づく多くの考え方があります。

スポンサーリンク

関連ページ

話したくない時の、相手のサイン、しぐさ。8パターン。
隠れて舌を出す人の心理はこんな感じです
部屋が汚いのに片付けできない性格の理由とは
メールやlineの返事遅いのは性格か
運転中に歌を歌う人の心理
鼻歌が多い人の心理とは
人と話す時の手の握り方の癖と心理状態について
食べ物の匂いを嗅ぐ癖、その行為の心理
ドカ食いを癖にしている人の心理
人前でおならをする癖のある人とその心理
新聞、雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖は、精神的開放を求めた心理です
飲み物を飲む時に小指を立てる癖とその心理
話す時に足の膝を触る癖は、心理状態に緊張があります
体をかきむしる仕草は、心理状態に緊張感を有しています
会話中に手をこする癖は、心理状態に服従心もあります
腕を袖で隠す仕草からわかる心理
会議中に退屈でふんぞり返る態度は、心理状態に反対意見があります
首回し、首の骨を鳴らす心理状態は相手への威嚇の気持ちがあります
うつむく癖や下を見る仕草は、不安な心理状態を呈しています
食事中や会話中に唇をなめる癖が出た場合の相手の心理
おでこにペンを当てる癖にみられる心理
腰の筋肉がぴくぴくする癖がある人の心理的な負担
立ってる時に腰に手を当てる癖のある人の性格とは
足をクロスさせて立つ人の心理や性格は個人差がある
こめかみに指をあてて考える癖を持つ人の性格
本の臭いを嗅ぐ行動に込められた心理的な意味
つばを吐く癖のある人の性格とは
無意識に体が揺れる癖と性格